美容の情報

2022/06/20

乳液がベタつく...!「べたつき引き算ケア」でうるおうのにサラサラ肌へ!【ここちよいうるおいVol. ⑨】

乳液がベタつく...!「べたつき引き算ケア」でうるおうのにサラサラ肌へ!【ここちよいうるおいVol. ⑨】

毎日のルーティンでスキンケアをしていたり、みんなが使っているからという理由だけでアイテムを選んだり...。そんな「なんとなくケア」を見直してみませんか?

自分自身の気持ちや肌にフィットした「ここちよいケア」ができれば、きっと肌も気持ちも満たされプラスに変わるはず!
そこで、毎日のうるおいケアがより肌と心を満たすひと時となることを願って、資生堂の美容賢者が目からうろこの情報をお届けしていきます。

***

連載第9回目は、前回に引き続き資生堂の孫研究員にお話しを伺います。

孫韵南さん

孫研究員:「みなさんこんにちは、資生堂の孫です。蒸し暑さやジメジメが続く毎日で、肌も心もぐったりしていませんか?

『べたべたするのが嫌だから乳液使いたくないなぁ...』とか、『あれこれたくさんつけるの面倒くさい~』って、つい思ってしまいますよね。ただでさえジメジメするのに、スキンケアで肌までべたっと重くなるのは嫌! という気持ち、よーくわかります。

そこで今回は、べたつかないのにちゃんとうるおうお手入れ方法、『べたつき引き算ケア』をご紹介。研究員目線で、乳液をさっぱり快適に使う裏技や、肌も手間も軽くなるアイテムの選び方などをお伝えします

さっそくチェックして、憂鬱な梅雨時期をここちよく爽やかに乗り切りましょう♪」

意外と知られていない! 保湿を減らすと「べたつきループ」に!

意外と知られていない! 保湿を減らすと「べたつきループ」に!

気温も湿度も高くなるこれからの季節は、べたつくからと乳液を少量しか使わなかったり、保湿アイテムを使わなくなってしまったりする方もいるのでは?

しかし保湿が十分でないと角層がうるおい不足になり、肌がうるおいを守ろうとすることで皮脂が過剰に分泌されてしまうんです...。つまり、保湿を減らすことで逆に皮脂がどんどん増え、「べたつきループ」に陥ってしまうんです!

そんな「べたつきループ」を避けるためには、夏場こそ水分と油分のバランスを保つことが大切に。「べたつき引き算ケア」なら、肌に必要なうるおいはしっかり与えつつ、さっぱりサラサラな肌へ導けますよ。

夏の「乳液苦手」を克服♪ 乳液のべたつきを引き算するには?

夏の「乳液苦手」を克服♪ 乳液のべたつきを引き算するには?

以前、乳液が大切、というお話しをさせていただきましたが、覚えていますか?
けれどこの季節はどうしても「乳液嫌い」さんが増えてしまうもの。みなさんはいかがですか?

そこで、まずは、「乳液は使っているけれど、べたつくから本当は苦手...」という方に試していただきたい、3つの「べたつき引き算ケア」をご紹介します。

◆べたつき引き算ケア①:「さっぱりタイプ」をチョイス!

資生堂の乳液には、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」にわかれているものがあります。実はこの2種類、メインの成分は同じで、保湿力にもあまり差はないのです。

「さっぱりタイプ」は、軽い感触のものや素早く肌になじむものが多く、乳液をつけた後の肌はサラリとした印象になりやすいという特徴が。一方「しっとりタイプ」は、とろみのあるリッチな感触のものが多く、乳液をつけた後の肌はモッチリした印象になりやすいという特徴をもっています。

つまり「さっぱりタイプ」の乳液を選べば、文字通りさっぱりした使い心地ながらしっかり美容成分を角層へしっかり届けられるため、べたつきが苦手な方でもここちよくうるおいケアができるんです。

暑さが厳しくなるこれからの季節にもぴったりなので、乳液選びの参考にしてみてくださいね!

\さっぱり感触♪ おすすめの乳液/

水分たっぷり、表面はべたつかない使い心地の乳液

皮脂が気になる方には、さらさらタイプの「Ⅰ」をセレクトしてみて。べたつかず軽い使い心地が魅力です。スキンバランス処方で、水分たっぷり、表面はべたつかない、「つや玉」のある肌へと導きます。

 

みずみずしく軽やかに使える乳液

珍しい「透明」な乳液で、さっぱりとうるおいを補給。うるおいをめぐらせ、やわらかな肌を育みます。爽やかな香りも、ジメジメする季節にもぴったり!べたつき肌さんには、みずみずしく軽やかな感触の「Ⅰ」がおすすめ。

 

心地よくなじんで、ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用乳液

「光ダメージ」に向き合う、リバイタルの乳液。みずみずしいテクスチャーながら、心地よくなじんで角層深くまで浸透、贅沢なうるおいで肌を満たします。独自成分と美白有効成分を配合。ハリとうるおいに満ちた明るい肌へと導きます。汗をかきやすい方、べたつきを感じやすい方は「Ⅰ」をセレクトすると、よりここちよくお使いいただけますよ。

 

◆べたつき引き算ケア②:「コットンづけ」でサラサラ肌に!

乳液は「コットン」でつけると、余分な油分が肌に残らずサラッとした仕上がりになります。さらに、肌の凹凸(目まわりや口まわり)や細かい部分にきちんとフィットするため均一にムラなく塗布できたり、タイプによっては不要な角層をオフしてつるつるの気持ちいい肌に導けたりなど、メリットがたくさん!

肌表面はサラサラなのに、角層深くにはうるおいがギュッとつまった理想的な肌状態に整えてくれる「乳液のコットンづけ」。ぜひお試しを!

>>【動画】乳液のなじませ方(コットン使用)をチェック

◆べたつき引き算ケア③:「ティッシュオフ」で余分な油分をカット!

乳液をつけた後のべたつく感じが気になる...という場合は、「ティッシュオフ」で肌表面に残った油分を吸い上げるのがおすすめです。

乳液のべたつき引き算ケア③ 「ティッシュオフ」で余分な油分をカット!

べたつきが気になる部分にティッシュを当て、軽く押さえるようにしながらやさしくティッシュオフを。このひと手間でべたつきが気にならなくなるので、ゆっくりスキンケアできない時や朝急いでいる時にも◎

肌がすっきりサラサラしていると、きっと心まで晴れやかになるはず! 自分の好みにあった「乳液のべたつき引き算ケア」で、ここちよいお手入れを楽しんでいただけるとうれしいです。

アイテムもべたつきも引き算して、肌も心も軽やかに♪

アイテムもべたつきも引き算して、肌も心も軽やかに♪

湿度が高いこの季節は、スキンケアアイテムをたくさん重ねたり、こっくりとしたテクスチャーを避けたくなったりしますよね。そんな時は思い切って、「べたつき」も「スキンケアアイテム」も、両方引き算してしまいましょう! 肌も心も手間も軽くなる、そんなお手入れ方法をご紹介していきますね。

◆べたつき引き算ケア①:朝用乳液で「さっぱり」と「時短」を両立

資生堂の朝用乳液には、「乳液・UVカット・化粧下地」など、1品で多機能のお役立ちアイテムが揃っています。中には、ファンデーション効果が期待できるものまであるのでぜひチェックしてみてくださいね。

重ねるアイテムが少なくなれば、その分肌も軽くなりべたつきの軽減につながります。さらに身支度するだけで汗が出てくる忙しい朝の時短ケアにもなるので、生活にも余裕が生まれ、おだやかな気分で1日のスタートが切れるのもうれしいですよね。肌も心も軽くなれば、雨でジメジメした日でも、明るい気持ちで過ごせるのではないかと思います!

\化粧水の後、これ1本でOK! おすすめ朝用乳液/

乳液、化粧下地、プロテクターが1本に。みずみずしい朝用美白乳液

乳液、化粧下地、プロテクターの3つの効果が1本に。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ、美白有効成分「m-トラネキサム酸*」配合。美白&エイジングケア**までできる高機能さも魅力です。
*トラネキサム酸 **年齢に応じたうるおいケア

 

おしろい効果でしっとり明るい肌に仕上がる朝用乳液

小じわ補正・UVカット・化粧下地・つや高保湿・薬用美白・顔色アップの6つの効果を1本に。化粧水の後にこれを使うだけで、年齢サインを明るくカバーし、紫外線から肌を守り、うるおいも続くから、時短ケアにも◎。

 

みずみずしい使い心地。すこやかな肌が続くUV乳液

化粧水のあとこれ1つで、乳液・UVカット・化粧下地の3役を叶えます。べたつかずスーッとのびるテクスチャーもGOOD。紫外線防御剤30%カット*でみずみずしい使い心地です。
*アクアレーベル パーフェクトプロテクトミルクUV比

 

◆べたつき引き算ケア②:オールインワンでみずみずしい肌に

洗顔後ワンステップでスキンケアが完了する「オールインワン」は、あれこれ重ねづけするのがしんどい時の強い味方に。みずみずしいテクスチャーがここちよく、保湿成分もしっかり含まれているので、べたつきを感じず効果的な保湿ケアを叶えてくれます。

オールインワンのなかでもよりさっぱり使いたい場合は、パッケージなどに「濃厚」「リッチ」といった文言が書かれていないものをセレクトするのがおすすめです。

どんよりした気分の時こそ、オールインワンなどの便利なアイテムを活用して、無理せずここちよいお手入れを♪

\べたつきを感じずここちよい♪ おすすめオールインワン/

みずみずしいのにしっとり。贅沢美容オールインワン

「化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスク」 5つの機能がひとつになった贅沢美容オールインワン。ジュレなのでここちよく使えます。手軽だけれどしっかりケアができるすぐれもの。

 

うるおいツヤ美肌へ導く、美白オールインワンジェル

「化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック」の機能がギュッとつまった1品5役のオールインワンジェル。美白有効成分「m-トラネキサム酸*」や、肌あれ防止有効成分「Wヒアルロン酸**」など、美容成分を贅沢に配合しているのも◎。
*トラネキサム酸
**アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na(保湿)


スキンケアは、気分よく、楽しみながら行うことが何より大切です。ぜひ「べたつき引き算ケア」で、この季節特有のベタベタ感や重さを軽くして、爽やかな毎日を過ごしてくださいね!


***

これまでお届けした「ここちよいうるおい」連載、みなさまいかがでしたか?スキンケアは、肌だけでなく心まで満たすことができるもの。お伝えしてきたさまざまな「肌と心に響くお手入れ方法」が、みなさんのうるおいケアのお役に立つとうれしいです。

※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

<「ここちよいうるおい」過去の連載はこちらから>

>>【Vol. ①】化粧水、冷たっ...(泣)。寒い日は『ぬくぬくスキンケア』で無理せず、楽しくお手入れを♪
>>【Vol. ②】花粉や寒暖差...『セルフハグスキンケア』で不機嫌肌に寄り添って♡
>>【Vol. ③】資生堂が伝承する『ていねいなお手入れ』で肌も心もハッピーに
>>【Vol. ④】心躍る新年度♪「ポジティブスキンケア」で肌と心を後押し!
>>【Vol. ⑤】メイクまで楽しく♪「魅せ肌スキンケア」でうるおいギュッ♡な肌に
>>【Vol. ⑥】深呼吸と香りで「リセットスキンケア」タイムを。癒しとうるおいをチャージ♪
>>【Vol. ⑦】ごわつき肌にご用心!「マシュマロ素肌ケア」でふんわりもちもち♡
>>【Vol. ⑧】ジメジメ季節を乗り切る!「リフレッシュ・ケア」で肌も心も快晴に♪


photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報