美容の情報

2020/11/02

今こそ大事!正しく知ってほしい身体の洗い方と保湿ケア

今こそ大事!正しく知ってほしい身体の洗い方と保湿ケア

健康や衛生への意識の高まりから、「洗う」行為を今まで以上に大切にしている人が増えてきています。しかし、資生堂が行った調査によると、必要性は感じていても正しいケアの方法を知っている人は意外に少ないようです。そこで今回は、「正しい身体の洗い方」と、これからの乾燥シーズンに欠かせない「洗った後の保湿ケア」をご紹介。バスタイムを活用して汚れをリセットするとともに、うるおったボディを手に入れましょう♪

正しい身体の洗い方で、汚れや雑菌をリセット

1日過ごした身体には、実は目に見えない汚れがたくさん!
部位別に見ると、手や顔は接触や飛沫により汚れやすく、身体は皮脂や汗などの分泌によって汚れやすいことがわかります。

正しい身体の洗い方で、汚れや雑菌をリセット

お風呂に入って身体を洗う時、なんとなく全身を洗っている...という人も多いと思いますが、皮脂や汗が出やすい部分(胸・背中・首の後ろ・ワキなど)は、特に汚れが溜まりやすいパーツなのでていねいに洗うことが大切です。

風呂に入る前の足

また、足の裏は汗を出す汗腺があり、靴をはくことで、湿度・温度が高くなるため、ムレて雑菌が繁殖しやすく、ニオイが発生しやすくなる恐れも...。

このように身体から分泌された皮脂や汗は、時間とともに汚れやニオイに変わります。また、身体についたチリやほこり、雑菌が長時間肌に残ったままでいるとさまざまな肌トラブルの原因になってしまうのです。まず大事なことは、「洗い残しのないように正しい方法で身体を洗うこと」。汚れをきちんとリセットして健やかに保つよう心がけましょう。

正しい身体の洗い方

顔はていねいにやさしく洗っていても、今まで身体はなんとなくタオルでゴシゴシ洗っていた・・・そんな人は必見!ここからは、正しい身体の洗い方をマスターしていきましょう!

正しい身体の洗い方

【ボディソープの使用量の目安】
身体全体で、ディスペンサー(ポンプ)3回押し(約10mL)位の量です。
※身体の大きさや商品によっても異なります。商品パッケージでご確認ください。

【身体の洗い方】
1.お湯を含ませた洗浄用具にボディソープをとり、軽く泡立てます。

2.手の先や脚から心臓に向かって丸く円を描きながら、マッサージするように洗います。

3.バストやヒップは引き上げるように洗うとシェイプアップに効果的。身体の中心部分(背中や胸)は皮脂の分泌が多く、脂っぽくニキビができやすいため、ていねいに洗い流します。洗いづらい背中やヒップはボディーブラシを使うと、しっかり洗うことができます。

4.足首から、上にむかって丸く円を描くように洗います。

5.最後に足や足の指を洗います。その後十分にすすぎます。洗い流すシャワーの温度は40度以下がおすすめ。

\おすすめアイテム/
しなやかな肌に洗い上げるボディソープ

ダイヤモンドと真珠のパウダーを含んだふわふわの濃密泡が肌をやさしく包みこみ、古い角層や汚れをオフ。使うたびにしっとりなめらかな肌に導きます。

 

泡とローズの香りで包み込んで洗うボディソープ

ローズヒップのエッセンス(ノバラエキス:うるおい成分)を配合。カサつきやすいボディをしっとりと洗い上げます。みずみずしいばらの香りが、肌も心も満たしてくれますよ。

 

汚れもニオイもすっきり洗い上げるボディソープ

泡立ちがよく、汗や汚れをすっきり洗い流せます。また、専科の香料技術「匂いチェンジセンサー」搭載で、日中も不快な匂いが気にならない身体に。2つの香りからお選びください。

 

身体を洗った後は「10分以内」に保湿ケアを!

身体を洗った後は「10分以内」に保湿ケアを!

身体を洗った後の肌はとても乾燥しやすい状態になっているため、保湿ケアも忘れずに。しかも、バスタイム後の保湿ケアは「10分以内」に行うことが大切だって知っていましたか?

20~40代の女性を対象に、入浴前後の肌水分量の変化を測定した実験結果によると、お風呂上り後10分までは、入浴前より皮ふ水分量が多かったのですが、10分を過ぎると、どんどん水分量が減っていってしまうという結果に。
身体の乾燥を防ぐためにも、「10分以内」を意識して保湿ケアを行ってくださいね!

正しい身体の保湿方法

身体を拭く際はゴシゴシせず、タオルでやさしく水分を拭きとりましょう。その後、ボディクリームやローション、オイルなどの保湿アイテムを軽くすりこむようになじませ、しっかり保湿を。

時間に余裕がある時や乾燥が激しい時は、化粧水を身体になじませてから保湿アイテムを塗るのもおすすめ。化粧水でうるおい環境を整え、肌をやわらかくしておくことで、クリームなどのなじみがさらによくなります。

また、温まった心と身体に寄り添う心地よい香りのものをセレクトし、リラックスタイムを楽しむのも◎です。

\おすすめ保湿アイテム/
しっとり感も香りも楽しめるボディクリーム

肌にうるおいとハリを与える、リッチなボディクリーム。しっとりするのにすべすべで、いつまでも触れていたいくらいの肌感触へ。ふんわりと包み込むエレガントで心地よい香りもGOOD。

 

もっちりなめらかな肌に整えるボディバター

シアバターをはじめとするリッチな保湿成分をたっぷり配合。素早く肌になじみ、べたつくことなく、もっちりなめらかに整えます。スイーツのような2つの香り(アーモンドココナッツミルク・アンバーバニラ)からセレクトして。

 

尿素配合。深い乾燥もケアするボディミルク

尿素配合で全身のかさつきをケアし、すべすべ肌に整えます。のばしやすいミルクタイプだから、広い部分にもさっとなじませられる点も魅力。

 

うるおいとつやに満ちたボディへ導くオイル

オイルとエッセンスの2層効果で肌をやわらかく整え、美しく上品なつやをON。マッサージするようになじませれば吸いつくようなしっとり肌に導きます。咲きたてのばらのようなみずみずしい香りで、楽しみながらケアを♪ 身体はもちろん、顔、髪、手にもマルチに使えます。

 

顔や手はもちろんのこと、身体も清潔ですこやかに保ちたいから、正しい洗い方をマスターして! 1日の疲れと気持ちをリセットして、クリーンな肌でお過ごしください。

\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報