美容の情報

2020/05/06

日焼け止め、ちゃんと塗れてる?正しい塗り方をおさらいして、美肌を死守!

日焼け止め、ちゃんと塗れてる?正しい塗り方をおさらいして、美肌を死守!

これからの季節に欠かせない日焼け止め。でもバタバタしていると、つい塗り忘れてしまったり、塗りムラができてしまうことも...。ママと子どもの未来の肌のためにも、紫外線ダメージをしっかり防いでほしいもの! そこで今回は、顔・身体別に日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します! 教えてくれるのは、自身もママであるヘアメイクアップアーティストの廣瀬友理子さんです。

顔は5点置きで塗りムラを阻止!

顔は5点塗りで塗りムラを阻止!

1.1円硬貨大の日焼け止めを手のひらにとり、顔の5カ所 (両ほお・額・鼻・あご)に置きます。

2.5点においた日焼け止めを、指全体を使って手を大きく動かしながら、すみずみまで丁寧にのばしてなじませましょう。実は、もう一度同量を全体に重ねづけするのがベターですよ。

ボディは直塗りで塗りムラを防止!

ボディは直塗りで塗りムラを防止!

腕や脚など身体に塗る際は、日焼け止めの容器から直接肌へ、線状にたっぷりと出すのがコツ。その後、手のひら全体を肌にフィットさせて、大きく円を描くように優しく広げながらムラなくなじませます。特に、手の甲から腕にかけては焼けやすいのでていねいに!

POINT!

日焼け止めを少量ずつつけ足すと、塗りムラになりやすいので要注意! 

また日焼け止め効果をキープさせるには、2~3時間おきに塗り直すことが大切です! スプレータイプなら簡単に塗り直しできるので、1本持っておくと便利ですよ♪

塗り直し用にもおすすめ♪ 手軽なスプレータイプの日焼け止め

顔、身体、髪と全身に使えるスプレータイプの日焼け止めで、外出先でも手軽につけ直しができます。汗・水でUV膜が強くなる技術を搭載しているので、これからの季節に最適。

塗り忘れやすいパーツはここ!

塗り忘れやすいパーツはここ!

特に「髪の生え際」「耳」「小鼻のわき」「フェイスライン」「首の後ろ」などは、塗り忘れしやすいパーツなので気をつけて。また、太陽に近い「ほお」や「鼻筋」は、顔のなかでも特に日焼けしやすいパーツのため、重ね塗りがおすすめです。

おすすめの日焼け止めはこちら!
赤ちゃんから大人まで使えるマイルドな日焼け止め

SPF50+ ・ PA++++の国内最高数値でありながら、敏感肌の方やベビー(新生児を除く)にも使える低刺激設計の日焼け止め。スーパーウォータープルーフ、汗・水でUVブロック膜が強くなる技術搭載、石けんで落とせる、スキンケア成分50%配合など、うれしい機能が満載! 親子で使う日焼け止めとしてもおすすめです。

1年でもっとも日差しが強くなるこれからの季節。正しい日焼け止めの塗り方を実践して、紫外線ダメージからしっかり肌を守りましょう!

プリーツプルオーバー/ニーム(ニーム 自由が丘店)、イヤリング/ゴールディ

【問い合わせ先】
ニーム 自由が丘店:03-5726-8620、ゴールディ:0120-395-705

photo:輿石真由美(MILD) model:仁美

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
廣瀬友理子

廣瀬友理子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、国内ファッションショーや雑誌・テレビ撮影などのヘアメイクを中心に活動。資生堂「マキアージュ」の商品開発・ソフト情報の作成にも携わる。
http://hma.shiseidogroup.jp/hirose/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報