美容の情報

2022/03/07

【3月の肌】気温差や花粉...敏感になりやすい春の肌ケアって?

【3月の肌】気温差や花粉...敏感になりやすい春の肌ケアって?

3月に入り、暖かくなるまでもう一息ですね。ポカポカ陽気の日も多くなり、外出したい気分になりますよね♪
そこで問題! 肌にもたらす3月の環境(気温・湿度)について、あなたはどれだけご存知ですか? 気温差がある季節だからこそ、スキンケアのポイントを知って、キレイをキープしましょう。

油断は禁物。3月の紫外線の量は夏の終わりに負けなくらい強い!

3月は季節の花も咲きほころび、思わずお出かけしたくなる気分ですが、真冬のように寒かったり、春のように暖かかったり、三寒四温でバランスを崩しがち。そんな寒い日も続く3月の紫外線は体感温度とは異なり、夏の終わりに負けなくらい強いため、うっかり日焼けに要注意です。

油断は禁物! 紫外線の量が上がり始める時季

3月の肌に必要なケアって?

冬の乾燥ダメージが肌に蓄積して、肌表面のバリア機能や保湿機能が低下しやすくなっています。そこに花粉や紫外線の影響を受けることで、「肌荒れ」や「シミ・そばかす」などの悩みが目立ってくることも。花粉や紫外線をブロックして肌荒れケアできるアイテムや保湿しながら美白もできるアイテムなどを取り入れて、揺らぎやすいこの季節の肌をしっかりケアするとよいでしょう。

3月のケア3カ条

1. アレルバリア効果のあるアイテムを取り入れる!

春の強風に吹かれ、花粉・ほこり・黄砂・大気汚染物質の肌への付着が気になる季節。 花粉・ちり・ほこりなどの微粒子汚れは肌荒れの要因になるので「アレルバリア」効果のあるアイテムを取り入れて守るケアが効果的です。

黄砂

\おすすめのアイテムはこちら!/
1本でバリアも、キレイも! うるおいエッセンス&美肌魅せBBクリーム

SPF50+ ・ PA+++でしっかりUVケア。さらに花粉・ちり・ほこりなどの微粒子汚れや、乾燥からも守ります。みずみずしい肌に整えたい方は化粧下地としても使える透明タイプの「アレルバリア エッセンス N(左)」、赤みやくすみを自然にカバーするベースメイク効果が欲しい人には色付きタイプの「アレルバリア エッセンス BB N(右)」がおすすめです。

 

2. 「保湿+美白」のWケアで、紫外線対策も抜かりなく!

紫外線量が増えてくる3月。とはいえまだ乾燥も気になる...。そんな時は、保湿+美白ケアまで兼ね備えた対策が効果的。美白有効成分が配合された「美白化粧水&乳液」で保湿ケアをしましょう。また、特におすすめは「日中用美白乳液」。朝の乳液でトリプルケアできるので忙しい人にも大好評。さらに「美白美容液」で紫外線ダメージを溜めないケアがこの季節には欠かせません!

\おすすめ美白化粧水&乳液はこちら!/
揺らぎがちな時期にも◎! 低刺激設計の美白化粧水&乳液

デリケートな肌にもうれしい低刺激設計。みずみずしいうるおいが角層までじっくり浸透し、すこやかな明るい肌へと導きます。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐのはもちろん肌荒れを予防したい人にももおすすめです。

 

\おすすめ日中用美白乳液はこちら!/
日焼けや乾燥からキレイを守る、朝の美白乳液

化粧水の後、これ1本でOK! 乳液、プロテクター、化粧下地の効果が1本になった朝の美白乳液が進化♪ 化粧ノリ&もちがUPし、さらにみずみしさもアップしました! もちろんメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分「m-トラネキサム酸*」も配合。乾燥小ジワを目立たなくさせ(効能評価試験済み)、うるおいに満ちた「つや玉」が輝く朝の仕上がりを、夕方までキープします。

 

肌を守ってみずみずしい透明感あふれる肌へと導く日中用乳液

SPF50+・PA++++で日中の紫外線を抜かりなくガード。さらに、美白有効成分「m-トラネキサム酸*」や「4MSK**」をWで配合し、メラニンによるシミ・そばかすをブロック。うるおいをまとったようななめらかさをもたらします。グリーンフローラルの香りが朝のお手入れを爽やかにしてくれます。

 

ハリも美白もうるおいも♪ 大人の肌にうれしい薬用日中用乳液

SPF50+ ・ PA++++で紫外線をしっかりカットし、美白有効成分「m-トラネキサム酸配合*」配合で肌を美白。「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、ハリとうるおいに満ちた若わかしい明るい肌へと導きます。

 

\絶対はずせない! おすすめ「美白美容液」/

メラニンの発生源をブロックし美しさを引き出す美白美容液

SHISEIDOが26年かけて開発した最先端の美白ケア。薬用美白成分「アクティブ4MSK**」が、メラニンの発生源をブロック。シミやそばかすを防ぎながら、みずみずしいうるおいで満たし、明るく澄んだ肌へと導きます。肌なじみのいい心地よい感触が◎!

 

3. 季節の変わり目はインナーケアで!

身体に負担が掛かりやすいこの時季は、身体の外からだけでなく、中からもケアすることがデリケートになりがちな肌を守るポイントです。栄養素の中でも、こんにゃくやブロッコリーに含まれる「セラミド」、納豆やアボカド含まれる「D-アミノ酸」は保湿・バリア機能を整えます。食生活にも取り入れてみましょう。

>>おすすめの簡単レシピをトライ♪



お手入れのポイントをマスターしたら、敏感になりがちなこの時期も美しくすこやかな肌で過ごしましょう♪

*トラネキサム酸
**4-メトキシサリチル酸カリウム塩
※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと


[あわせて読みたい記事はコチラ]

>>【敏感肌向け】肌に刺激を与えない洗顔方法&アイテム選びのコツ
>>花粉・ちり・ほこり...肌の汚れによるトラブルから守る!原因&ケア方法、おすすめアイテムとは?


photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報