美容の情報

2021/02/15

【肌のくすみ予防】おすすめクリーム4選&約1分間の簡単マッサージ

【肌のくすみ予防】おすすめクリーム4選&約1分間の簡単マッサージ

年齢を重ねるごとに気になってくる肌のくすみですが、実はひと口にくすみと言ってもさまざまな原因があるのをご存知ですか? そこで今回は、くすみの原因とおすすめのケアアイテム、普段のお手入れにプラスしたい約1分間の簡単マッサージテクを伝授。教えてくれるのは、資生堂Webビューティーコンサルタントの吉川さんです。

目次

乾燥だけじゃない!? 肌のくすみの原因とは...?

くすみの原因は、乾燥のほか紫外線・血行不良・ストレスなどさまざま。悪化させないために、まずは自分のくすみの原因を見極めることが大切です。

・乾燥

肌が乾燥するとキメが乱れたり、肌表面に凹凸ができたりすることで、ツヤや透明感を感じられなくなってしまいます。特に空気が乾燥する季節は、角層から水分が蒸散しやすく、肌がうるおい不足に陥りがちなので念入りな保湿ケアが必要です。

・紫外線

紫外線によって肌のメラニンが過剰に生成されると、それが茶色のくすみとして肌にあらわれるように。紫外線は1年中降り注いでいるので、外出する機会が多い人は、夏場に限らず日焼け止めで紫外線ダメージをケアする必要があります。

・加齢

肌が黄色くくすんできた...と感じたら、それは加齢による黄ぐすみかもしれません。長年のメラニンの蓄積や糖質を摂りすぎる食習慣などによって、肌内部のコラーゲンが黄色く変色。それにより顔全体が黄色い印象に。エイジングケア対応のスキンケアを取り入れて早めの対策をしましょう。

・ストレス

ストレスや疲れ、不規則な生活習慣などによって自律神経が乱れると、肌のターンオーバーも乱れがちに。ターンオーバーが乱れると古い角質が肌表面に蓄積し、ごわついたツヤのない印象になってしまいます。十分な睡眠を取り、ストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

肌のくすみ予防のために。保湿クリームでマッサージケアを取り入れるのが正解!

くすみをスキンケアで払拭するには、まず洗顔で不要な汚れをオフすることが大切です。そして化粧水や乳液でうるおいバランスを整えたうえで、保湿クリームを取り入れるのがおすすめ。深いうるおいで肌を整えるのはもちろん、クリームを肌になじませる時のマッサージ効果による血行促進も期待できますよ。

美容部員がセレクト! 肌のくすみ予防におすすめクリーム4選

【乾燥くすみ肌に】うるおい&ハリ密度を高め、明るい表情へ

さまざまな肌ダメージが積み重なった肌印象の重さやゆるみに着目。ハリ密度を高める「バウンスフォーミュラ」を採用し、引きしまったハリ感ですっきり明るい表情に導きます。べたつかずしっとりなじむ使用感も嬉しいポイント。

 

【紫外線ダメージ肌に】みずみずしく透明感あふれる明るい肌へ

日中紫外線を受けた日焼けした後の肌に。コクがあるのにみずみずしい感触で深いうるおいを与えます。さらにメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぎます。特に紫外線ダメージが気になる人は、夜、美白クリームをマスクするようになじませるのがおすすめ。クリームが寝ている間にじっくり肌になじんでケア。みずみずしく透明感あふれる美しい肌に出会えます。

 

【加齢による肌の変化に】うるおいとハリに満ちた生きいきとした明るい肌へ

美白ケアとエイジングケアができるクリーム。美白有効成分「4MSK」がメラニンの生成を防ぎ、うるおいに満ちた明るいハリ肌へと導きます。加齢とともに気になるくすみを防いで生きいきとした明るい印象へ。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

【毎日忙しい人へ】エネルギーがチャージされたかのような、輝くツヤ肌へ

疲れやストレスを感じやすく、不規則な生活習慣を送りがちな女性たちへ。生きいきと輝くようなつや肌へと導きます。フローラルの香りやジェルのテクスチャーが心地いいので、毎日のスキンケアがリラックスタイムに♪

 

クリームでできる! 約1分間の簡単マッサージ

血行不良によるくすみのケアには、マッサージが効果的です。専用のマッサージクリームがない、忙しくてお手入れに時間がかけられない、という人でも大丈夫。クリームさえあればOK! ふき取りや洗い流しも不要! 約1分でできる簡単な「リズムテンポマッサージ」をご紹介します。

STEP1) ほおを指全体で持ち上げるように大きく円を描く(8回)
STEP 2) 口角を中指・薬指を使って引き上げる(4回)
STEP 3) 小鼻のわきを引き上げる(4回)
STEP 4) 額は引き上げるように指全体で大きく円を描く(2回)
STEP 5) 目の周りは、中指・薬指を使ってやさしく円を描く(1回)
STEP 6) 最後にこめかみを押す

テンポよく、肌をやさしくなでるようにマッサージをしましょう。これを1セットとし、6回繰り返します。時間の目安としては、1回がおよそ1分。マッサージの最後は、深呼吸をして心をゆったりと落ち着かせましょう。

くすみを感じる肌は、疲れて見えたり老けて見えたりして肌全体の印象が暗くなりがち...。うるおいに満ちた透明感のある肌を目指すなら、クリームを上手に活用したケアをぜひ取り入れてみてくださいね。



〔あわせてよみたい記事〕

透明感のある肌が欲しい!冬のくすみ顔を明るい印象に導くスキンケア&メイクテクとは?
40代からはアイメイクの見直しどき!目元のくすみ&たるみを感じさせないポイントとは?



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報