美容の情報

2021/10/11

大人女子の涙袋メイクはナチュラルさが決め手!自然に仕上がる塗り方&アイテム選びのポイント

大人女子の涙袋メイクはナチュラルさが決め手!自然に仕上がる塗り方&アイテム選びのポイント

目元をキュートに見せることはもちろん、デカ目効果も期待できる涙袋メイク。でも、塗り方やアイテム選びを間違えると、ちょっぴりイタい雰囲気になってしまう恐れも...。そこで今回は、アラサーがやっても自然に仕上がる涙袋メイクのポイントを資生堂ヘアメイクアップアーティストに教えてもらいました。

<目次>

涙袋のメイクHOW TO

用意するもの

・繊細なラメやパールが入った、ゴールドやベージュのアイシャドウ
涙袋メイクを自然に見せるためには、肌なじみのいいアイシャドウが◎。逆に、白や大粒のラメ、ギラギラしたパールが入ったアイシャドウを使うと、わざとらしさが出てイタく見えてしまうので気をつけて。

・肌色より2トーンほど明るいアイブロウペンシル
涙袋の影をつけるために使用します。あくまで影なので、ナチュラルさが肝心。濃い色だと不自然になるので、明るめの色を使いましょう。

STEP1 アイシャドウで涙袋を強調

STEP1 アイシャドウで涙袋を強調

明るいベージュのアイシャドウを細めのチップにとり、下まぶた全体に均一になじませます。

POINT!

太いチップを使うとわざとらしさが出てしまうので、必ず細いチップでなじませましょう。

STEP2 アイブロウペンシルで影をつける

STEP2 アイブロウペンシルで影をつける

明るいブラウンのアイブロウペンシルを使用し、先ほど塗ったアイシャドウの下を軽くなぞって、細めに影をつけます。その後、綿棒でしっかりぼかしてなじませて。

POINT!

影は下まぶた全体に入れるとクマっぽく見えてしまうので、下まぶたの中央あたりにだけ引き、目頭と目尻部分には引かないのがコツ!

完成

完成

元からふっくらとした涙袋があるかのような自然な仕上がりなのに、しっかりデカ目効果が! これならアラサーがやってもイタくならないですね。

涙袋メイクのNG例

涙袋メイクのNG例

白っぽいアイシャドウを下まぶたに入れると、悪目立ちしてわざとらしい涙袋に。また、影を太く入れすぎたり、綿棒などでぼかさないと、ナチュラルさがなくなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

涙袋メイクに使用したおすすめアイテムをチェック!

\涙袋メイクにぴったり/
肌なじみのいいカラーでナチュラルに仕上がるアイシャドウパレット

オレンジベースのブラウンパレット。肌なじみのいいハイライトカラーがセットされているので、涙袋づくりに最適です。ラメも繊細で◎。

 

\細いラインが描きやすい/
下まぶたの影もナチュラルに描けるアイブロウペンシル

芯が細いので、下まぶたの影をピンポイントで描きやすいアイテムです。ふんわりしたフォギーな発色も◎。また、皮脂・汗・こすれに強いので、よれにくいのもうれしい。

 

メイクを固定する効果のあるミストで崩れを防止

涙袋メイクは時間が経つとよれてしまいがち...。メイクが完成したら、仕上げにメイクを固定する効果のあるミストを吹きかけるのがおすすめです。化粧崩れ防止に役立ちますよ♪

\崩れにくい! おすすめアイテム2選/
メイクをしっかり固定。崩れから守るフィクサー

シュッとひと吹きするだけでメイクを固定してくれるミスト。ファンデーションだけでなく、ポイントメイクまでぴたっとキープしてくれます♪

長時間メイクをキープ!「化粧もちミスト」

メイク後にひと吹きするだけで、ファンデの密着を高めながらうるおったようなつや感で、キレイな素肌が続きます。ベースメイクの崩れだけでなく、眉・チークなどの薄れも防ぎます。

 

涙袋メイクが映える目元に! 目元のマッサージ

せっかく涙袋メイクをしても、目元にクマやむくみがあると台なしに...。そんな時は、ツボ押しやマッサージを取り入れるのがおすすめです。スキンケア後や寝る前などの習慣にし、日中も目の疲れを感じた時に行ってみてくださいね。

1.目の周りのツボ押し

・四白(しはく)
黒目の下の骨のふちから、指2本目のあたりに中指をあて、頭をゆっくりと倒しながら押しましょう。ほお周りの血行がアップし、クマ改善に加え小顔も期待できるツボです。

・攅竹(さんちく)
眉頭に中指をあて、頭をゆっくり倒しながら押しましょう。頭の重みで押すイメージです。疲れ目や目をすっきりさせます。

2.マッサージ

アイクリームを使って、目の周りをマッサージするのもおすすめです。メイクの上からでも使えるアイテムを選べば、日中目元が気になったときにもケアできますよ!

目元のマッサージにおすすめのアイテム

ゆるみを見せない目元に導く! 独自開発のマッサージローラー付き美容液

独自開発のマッサージローラーつきなので、肌を引き上げながら美容液を塗ることが可能。ローラーが気になる目元の表情筋にアプローチ。筋肉の流れにそってマッサージすることで、血行を促進しながら美容成分を角層の深くまで浸透させます。

 

メイクの上からも使える! くっきりとした印象の目元に導くアイクリーム

SHISEIDO独自のレニュラテクノロジーを搭載したアイトリートメントが、肌感度へアプローチ。うるおいとツヤにあふれた目元へと導きます。付属のアプリケーターでマッサージしながらつけると、生きいきした目元に!



涙袋メイクを自然に仕上げるポイントは、アイシャドウの色選びと影のつけ方。今回紹介した方法で、大人の涙袋メイクを楽しんで、ナチュラルなデカ目を演出してくださいね。


[あわせて読みたい記事]

>>【デカ目メイクのやり方まとめ】目力アップを叶える10のテクニック!
>>アイシャドウベースで垢抜け目元!ヨレない&発色UPのアイメイクの作り方・おすすめアイテム


\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/


photo:鈴木花美 model:恩田さやか

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
資生堂ヘアメイクアップアーティスト

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

国内外における宣伝や広告、コレクションバックステージなどで日々活動する資生堂アーティスト。
世界中のお客さまを「美」を通じて幸せにするために、資生堂独自の美容価値を創造・発信しています。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報