美容の情報

2018/06/25

目の下&ほおのたるみの原因と対策!見た目年齢を若々しく♪

目の下&ほおのたるみの原因と対策!見た目年齢を若々しく♪

「年齢を重ねても、老けた印象には見せたくない!」誰もがそう願う一方で、どうしても気になってくるのが肌の「たるみ」。シミなどはメイクである程度隠すことができても、たるみを隠すことは難しいため、見た目の年齢に影響を及ぼしてしまいます。そこで今回は、そんなたるみのメカニズムと、今日から試したい対策についてご紹介します。

目次

見た目年齢を決める要因! ほお&目の下のたるみをチェック

たるみとは「重力で顔の形状が下垂した状態」のこと。年齢を重ねると、顔の各部位でたるみは起きますが、特に、ほおや目の下に発生しやすく、このパーツのたるみが進行すると、見た目年齢を引き上げてしまうことに...。さっそく、ほお&目の下のたるみの進行についてチェックしていきましょう!

●ほおの下部

年齢を重ねると、口角の横にくぼみができます。さらに進むと、だんだん溝のような状態(マリオネットライン)になり、フェイスラインに向けて下垂していきます。やがてフェイスラインがぼやけ、輪郭を超えて袋状にぷっくりと拡大してしまいます。

Watashi + Howtoさん(@watashiplus_howto)がシェアした投稿 -

●ほおの上部

まず、ほおの一番高いところがたるみ、鼻の横にくぼみができます。この溝が「ほうれい線」と呼ばれるもの。たるみが進行するとほうれい線が口角付近にまで拡大し、ほうれい線がさらに目立つようになります。

Watashi + Howtoさん(@watashiplus_howto)がシェアした投稿 -

●ほおの外側

年齢とともにほおの外側がたるみ、さらに進行すると、フェイスラインが曖昧になります。

Watashi + Howtoさん(@watashiplus_howto)がシェアした投稿 -

●目の下

目の下は年齢とともに、目頭の下付近が膨らみ、その横にくぼみができます。この膨らみが下垂するとくぼみがより目立つようになり、たるみが目立つようになります。

Watashi + Howtoさん(@watashiplus_howto)がシェアした投稿 -

このようにマリオネットラインやほうれい線が目立ってきたり、フェイスラインがぼやけてきたら、見た目年齢、要注意です。。

では、そもそもなぜ顔にたるみが起きてしまうのでしょうか? たるみの原因についてチェックしていきましょう。

顔のたるみはなぜ起きる!?

たるみができる原因は、脂肪の蓄積や表情筋の衰え、さらに加齢とともに肌の弾力性が低下するためと言われています。ではなぜ、肌の弾力性は、加齢とともに失われてしまうのでしょうか?

※肌の断面イメージ図

肌は上から表皮、真皮、皮下組織という構造でつくられています。肌のハリや弾力性に重要な役割を担っているのが「真皮」という部分。「真皮」は、皮ふに弾力性を与える、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分をつくり出す「線維芽細胞」などで構成されていますが、加齢や紫外線などによって「線維芽細胞」のコラーゲンの産生などが低下し、コラーゲンやヒアルロン酸量が減少するため、弾力性が失われてしまうのです。

<肌の弾力性が失われるおもな原因>

1.紫外線によるダメージ

弾力性の鍵となる線維芽細胞が存在する「真皮」。紫外線の中でも特に「U-VA」と呼ばれる生活紫外線がじわじわと真皮層まで到達し、この線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。その結果、コラーゲンの産生が低下して、真皮のコラーゲン量が減少してしまいます。

2. 真皮の薄化

顔の真皮は、加齢によってその主成分であるコラーゲンやヒアルロン酸量が減少することから薄くなると考えられています。その結果、くぼみや溝などの凹みを回復しにくくなり、「たるみ」「シワ」につながるのです。

3. タンパク質の糖化

エネルギー源となることで有名な糖分ですが、その一部は、加齢や紫外線、ストレスなどにより性質が変化します。変化した糖が正常なコラーゲンなどのタンパク質と反応して「糖化コラーゲン」になってしまうと本来のバネのような構造を失ってしまいます。このようにタンパク質が糖化すると、肌のハリや弾力性が低下し、たるみやシワの増加につながると考えられています。

たるみをケアしたい人に、すぐに取り入れてほしい対策って?

たるみのメガニズムがわかったら、ここでは対策法を見ていきましょう。

1. 紫外線対策で若々しい肌を守ろう!

紫外線によるダメージは、コラーゲンの減少につながります。前述しましたが、特に真皮にまで到達してしまう「U-VA」は、雲や窓ガラスも透過するため、日中の紫外線対策は毎日欠かさずに! 紫外線ダメージに着目した日中用アイテムを上手に取り入れましょう。

\おすすめ紫外線対策/
光ダメージに向き合う薬用日中用乳液

「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用日中用乳液。乾燥による小ジワも目立たなくします。フローラルグリーンの爽やかな香りも◎。

 


\日焼け止め選びの参考に!/

【日焼け止めおすすめ7選】外出先の塗り直し用、おうちで過ごす用...など、シーン別にセレクト!


2. 表情筋を動かそう!

筋肉が痩せると皮ふの弾力も低下し、ハリが失われて表情も乏しくなりがち。表情筋を動かすことははたるみケアにもつながります。資生堂が開発した「フェイスマッスルプログラム」を毎日のスキンケアの最後に取り入れてハリのある肌をめざしましょう!

\動画を見ながらご一緒に/
「フェイスマッスルプログラム」にトライ!



\こちらの記事も参考に/

プロが実践するシワ、たるみ、くすみの予防ケア方法。キレイの秘密はフェイスマッサージにあった!



3. 猫ひげコンシーラーでたるみ・ほうれい線カバー!

ほうれい線をメイクで目立たなくするには、コンシーラーを溝に埋め込んでカバーするのでなく、「光で影を飛ばす」というイメージが大切です。猫ひげのようにコンシーラーを上昇ラインにすることで、目の錯覚を利用できますよ。

【猫ひげコンシーラーHOW TO】
リキッドファンデーションで顔全体を仕上げたら、コンシーラーをほうれい線をまたいで斜め上方向に、猫のひげのような短めの線を3~4本入れましょう。斜め上方向にラインを入れることで、下がりがちな頬まで上向きの印象に。猫ひげ線をトントンと上に向かってなじませ、ファンデーションとコンシーラーの境目をぼかしたら完成。

\使用したアイテムはこちら!/
肌を暗くする影を自然にカバーするコンシーラー

「光ダメージ」による乾燥を防ぎ、ハリとうるおいに満ちた明るい肌に導く薬用日中用乳液。乾燥による小ジワも目立たなくします。フローラルグリーンの爽やかな香りも◎。

 

4. チークの高さを見直してリフトアップ効果⁉

普段何気なく入れているチークの位置を変えるだけで、すっきりとリフトアップした印象に♪ ほおの位置が下がってきたなと感じたら、目の下や顔の中心部分に入れるよりも、ほお骨の高い位置を中心に横向きにぼかすことを意識してみましょう。

アイメイク

1. 目尻の骨の窪み部分に指を2本置き、その下にくる位置が目安。ここを起点にチークを広げていきます。

2. チークをブラシにとり起点の位置にのせたら、そこから横向きにブラシでふんわりぼかしていきます。チークの横幅は黒目の中央よりも内側にならないように、また縦幅は鼻先よりも下の位置にならないように気をつけましょう。ぼかしながら広げていくと、ナチュラルに仕上がります。

\使用したアイテムはこちら!/
ツヤのある血色感を演出するチーク&フェースカラー

パウダーチークなのに、クリーミーな質感が特徴的。内側からにじみ出たような、自然な血色と艶を与えます。

 

いかがでしたか? 日々のたるみケア&カバーメイクで見た目年齢を若わかしくキープしましょう♪



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

参考文献:江連智暢著『「顔の老化のメカニズム」~たるみとシワの仕組みを解明する~』(日刊工業新聞社)、『「他人目線」でたるみケア』(講談社)

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報