美容の情報

2022/03/25

鼻・小鼻の毛穴の黒ずみの正体は「汚れ」と「産毛」も!?資生堂研究員が解くケア方法&おすすめアイテム

鼻・小鼻の毛穴の黒ずみの正体は「汚れ」と「産毛」も!?資生堂研究員が解くケア方法&おすすめアイテム

キレイにメイクして家を出たはずなのに、ふと気づくと鼻の毛穴に黒ずみが...そんな経験ありませんか? 毛穴の黒ずみに関する情報はたくさんありすぎて、最適なケア方法が分からない...なんていう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、長年毛穴と向き合ってこられた資生堂研究員の飯田年以さんから、毛穴の黒ずみについて教えてもらいました。

目次

毛穴の黒ずみの原因とは?

①「角栓」による黒ずみ

毛穴の黒ずみが気になる部分を触ってみて、ザラッとした感触があるなら「角栓」ができている可能性が。

毛穴の黒ずみができる原因
(肌イメージ図)

角栓の正体は、毛穴の奥にある皮脂腺から過剰に分泌された皮脂と、毛穴の中に残ってしまった角片が混ざり合ってできた塊です。お手入れ不足などにより肌表面の角層が乱れ、毛穴がふさがれてしまうと、皮脂がスムーズに排出されず毛穴に詰まってしまうのです。 皮脂の分泌が多いTゾーンにできやすくなります。

②「産毛」による黒ずみ

実は、毛穴の黒ずみの原因は「角栓』のほかに「産毛』も関係しているんです。まずはそのメカニズムを解説します。

① 角栓の誕生
毛穴の奥から出てきた皮脂と、肌の角層が剥がれ落ちたものが混ざって、角栓を形成。
形成された角栓は毛穴の奥から蓄積していきます。

② 産毛のターンオーバー
一定期間でターンオーバーした産毛は抜け落ちます。
産毛は毛穴の奥の方から生えてきます。角栓が詰まっていない状況なら、抜けてもそのまま外に出ていくのですが角栓に詰まることもあります。

③ 角栓に産毛が詰まる
角栓がふたになって行き場を失った産毛が、角栓の中に詰まって黒く見えます。
毛穴から複数の産毛が同時に生えてくることもあり、数本の産毛が角栓に詰まってしまうことも。

④ 角栓が成長して毛穴が開く
皮脂やはがれた角層、新たに生えてきた産毛が詰まったりして、角栓が成長して毛穴が広がります。
黒ずみが目立って見える要因とも言えます。

このように、寿命を終えた産毛は、角栓がなければ抜けて毛穴から外へ出ていきます。ところが、角栓が毛穴をふさいでいると、産毛が行き場を失ってしまうことに...。産毛が角栓に混ざり合い、黒ずんで見えるのです。産毛を剃ろうとしたり、角栓をむりやり押し出したりするのではなく、スキンケアによる角栓対策から始めましょう。

ちなみに、角栓をつくる皮脂の分泌は、基本的には冬より夏の方が多いと言われていますが、エアコンなど温度管理された部屋で1日の大半を過ごす現代社会では、外気温に関わらず1年を通して角栓のケアをすることが重要です。

つるつる毛穴に導くためのケア方法&おすすめアイテム

角栓をケアするためには、日々のスキンケアをていねいに行うことが大切に。中でも下記の3つを意識するのがおすすめです。

①毎日のクレンジングや洗顔はていねいに

特に皮脂が多く角栓ができやすい小鼻やあご先は指先でていねいに洗い、すすぎ残しがないように洗い流しましょう。

\おすすめクレンジング/

毛穴の奥まで入り込んですっきり取り去る、温感ジェルメイク落とし

ホットジェルが、毛穴の奥やキメまでしっかり入り込んでしっかりオフ。肌本来のうるおいを守りながら、メイク汚れとともに、くすみやごわつきの元となる不要な角層や汚れをからめ取ります。

 

メイクや毛穴の汚れをしっかり落とすオイル状メイク落とし

固くなりがちな肌にも素早くなじみ、メイクや毛穴に詰まった汚れをしっかり落とし、やわらかな素肌へ導きます。 落ちにくいポイントメイクもすっきり落とせて◎。

 

毛穴の角栓までクリアに。オイルタイプのメイク落とし

オイルでくるくるマッサージすれば、指先に感じる頑固な角栓を浮かし出し、きれいさっぱり取り去ります。すっきり洗い流せて、べたつかない使用感も◎。

 

黒ずみ、老廃物クリア処方のメイク落としシート

ばっちりアイメイクや小鼻の黒ずみ、不要な角層汚れまで絡めとり、"くすみリスク"*を一掃。手軽なシートタイプ(洗顔なしでOK)だから、疲れている時や忙しい時のクレンジングにもおすすめです。
*黒ずみ・老廃物など

 

\おすすめ洗顔/

メラニンを含む不要な角層を取り去る、薬用洗顔フォーム

肌あたりがやさしい洗浄顆粒入り。肌荒れ防止成分が溶け込んだ泡で肌のにごりの要因を除去。メラニンを含む不要な角層を取り、肌の生まれ変わりをサポートします。

 

ザラつきがちな肌をしなやかに洗い上げる泡状洗顔料

温感&炭酸*泡。温かくきめ細やかなクリーミー泡が肌を包みこみ、ザラつきがちな肌をほぐすように浄化し、しなやかな肌に洗い上げます。泡立て不要なので、忙しい朝などにもおすすめです。
*噴射剤として

 

穴の奥まですっきり洗う洗顔料

ジェルが毛穴の奥の汚れに密着。きめ細かい泡に変化し、毛穴の一つひとつまできれいに洗い上げます。洗い流した後のすっきり感も◎。

 

②角質(角層)クリアアイテムを取り入れる

ていねいにクレンジングや洗顔を行っていても、毛穴の奥の汚れや黒ずみが気になる時は、『ふき取り化粧水』など、角質(角層)をクリアにするスペシャル除去アイテムを取り入れるのが効果的です。

\おすすめアイテム/

ひたして・うかせて・からめとる、ふき取り化粧水

洗顔後の素肌にコットンに含ませてくるくるとふき取るようになじませます。放っておくとサビのように残る皮脂や浸透・透明感の妨げとなる不要な角層を、ひたして・うかせて・からめとる、ふき取り化粧水。続けることで、くもりのない芯からクリアな美しさへと導きます。

 

ソフトな肌あたり。ふき取り化粧水にも好相性のコットン

ソフトな肌ざわりで、毛羽立ちやよれのない使い心地です。化粧水や乳液を残らず肌に届け、角層の奥まで行き渡らせます。ふき取り化粧水と一緒に使えば、ざらつきの目立たないつるつる肌に。

 

③収れん化粧水で毛穴づまりを防ぐ

角栓は、一度除去しても再びできてしまいがち...。再び毛穴の黒ずみで悩みたくないなら、皮脂の分泌をコントロールし、うるおいを与えてキメを整える「収れん化粧水」を取り入るのがおすすめです。過剰な皮脂を抑え、新たな角栓づまりを防ぎましょう。

\おすすめアイテム/

毛穴を引きしめてクリアな肌へ導く、薬用美白収れん化粧水

余分な皮脂を吸着するパウダーが、ベタつきや化粧崩れを防ぎ、透明感に満ちたさらさら肌を保ちます。コットンでしっかりパッティングすることで、毛穴が気になる肌をキュッと引きしめ、過剰な皮脂の分泌を抑えます。
*美白とはメラニンの生成を防ぎ、シミ・そばかすを防ぐことです

皮脂によるベタつき、毛穴の目立ちに。ミスト状収れん化粧水

美容成分をたっぷり配合したジェリーをミストに。ひんやりと心地よく肌を引きしめ、みずみずしい肌に整えます。メイクの上からも使えるので、日中のケアにも◎。

 

肌をすこやかに整える、おだやかな収れん化粧水

肌表面をサラサラに保ってくれる収れん化粧水。気兼ねなくパシャパシャ使いやすい価格帯なので、たっぷり使いたい方や、収れん化粧水を一度試してみたいという方にもおすすめです。

角栓に詰まる産毛対策

1本1本抜くわけにいかない産毛は、レーザー脱毛で処理するのも対策の一つです。脱毛完了までの期間や施術のリスクなどについて、医師の説明をよく聞いて慎重に検討しましょう。

毎日の食事で内側から毛穴ケア

角栓の主な原因でもある、過剰な皮脂。脂っこいものや甘いものの取りすぎは、皮脂を増やす原因のひとつと考えられています。心当たりがある人は、控えめを心がけてみましょう。反対に、皮脂の分泌を整えてくれるビタミンB2やB6の摂取はおすすめ。ひとつの食品に偏ることなく、さまざまな食品を食べることを意識しましょう。

ビタミンB2
レバー(豚・牛)、牛乳・乳製品、納豆など

ビタミンB6
まぐろの赤身、鮭、ささみ、バナナなど


おすすめレシピ集はこちらから↓


「毎日ていねいに」が毛穴の黒ずみケアの合言葉。正しくケアして、つるつる肌を手に入れましょう!


[あわせて読みたい記事]

>>角栓ケアのNG行動って?「いちご鼻」を毛穴アイテムですっきり!
>>毛穴の黒ずみはなぜ起こる?原因、対策、おすすめアイテムを徹底解説!


photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報