美容の情報

2016/02/29

簡単!崩れにくい!髪を切らずに「なんちゃってボブ」のつくり方

簡単!崩れにくい!髪を切らずに「なんちゃってボブ」のつくり方

「ロングヘアは飽きたしイメチェンしたいけど、バッサリ髪を切るにはちょっと抵抗が...」とか、「一回髪を短くすると、伸ばすにはまた時間かかるしどうしよう...」など、女性にとって「髪を切る」のはなかなか勇気が必要なもの。そんな不安を解消するのにぴったりなのが、ロングヘアをボブっぽくアレンジする「なんちゃってボブ」。今回は、ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんに、簡単につくれる「なんちゃってボブ」のコツを教えてもらいました。

1.襟足を5cmくらい分け取り、土台をつくる

襟足部分を5cmくらい分け取ります。分け取った襟足の髪を三つ編みにし、くるくると丸めて平たいお団子のようにしてピンで固定。ピンは、地肌と髪を縫うように留めるのがポイントです。また、髪の量が多い人は、Uピンを使うのがおすすめ。この部分のお団子がアレンジの土台になるため、しっかりと固定しましょう。

2.残りの髪をざっくり三つ編みする

1で分けた残りの髪をまとめて三つ編みにします。できるだけ根元はゆるく編むことがポイント! 全体的にざっくりと編んでいきます。

3.三つ編みを内側に丸める

三つ編みを毛先から内側に丸め、1でつくった土台部分にピンで留めます。

4.シルエットを整えて完成

ボブっぽいシルエットになるように、サイドの髪を引き出します。引き出しすぎた場合は、Uピンを使って土台に留めれば簡単にボリュームが抑えられます。また、片耳が見えるようにヘアアクセなどをつけると、メリハリがついてバランスが取りやすくなります。仕上げにキープ力がアップするヘアスプレーをかけたら完成です。

最初に土台をつくっておくことで崩れにくさがアップし、「なんちゃってボブ」を1日中キープすることが可能です。今日は気分を変えたいな~という日に、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

【使用化粧品】
マシェリ オイルインワックス

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、資生堂のヘアメイクとして宣伝広告の撮影、国内ファッションショーなどで活
動。商品開発、美容情報の発信・心理や印象の研究に携わる。3児の母でもあり、ビューティーでママを応援する「らしくfor mommy」、40代からの美容「らしくOTONA beauty」のプロジェクトメンバー。SNSでも美容情報配信中。
LINE: https://lin.ee/dnCRiDV
Instagram: https://www.instagram.com/rashiku.otonabeauty/
https://hma.shiseidogroup.jp/matsumoto/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報