美容の情報

2015/09/16

アイロンもカーラーもいらない!ねじるだけの時短「なんちゃってパーマ」

アイロンもカーラーもいらない!ねじるだけの時短「なんちゃってパーマ」

その日1日だけパーマ風の髪型が楽しめたらって、思いませんか? でも朝からヘアアイロンやカーラーは面倒だし...と思っている方に、夜仕込んでおけばOKな簡単ワザをご紹介。学生時代に試した「三つ編みパーマ」などは手軽でいいアイデアだけれど、大人の女性がやるならもう少しラフなゆるさもほしいですよね。今回提案する、もっと自然で、より今っぽいウェーブを出しくれる、ねじるだけで完成のなんちゃってパーマは必見ですよ。

なんちゃってパーマのつくり方

1. 髪全体にスタイリング剤をしっかりとなじませます。
2. 髪をふたつに分け、きつめにねじってピンで固定する。分け目はキレイに分けず、あえてラフにジグザグに分けましょう。自然に乾くのでそのままにしておきます。
3. ピンを外して髪を崩せば完成!

2の状態のままひと晩眠ってもOKですし、ねじったまま眠るのが難しい場合は、朝起きてすぐに2の状態をつくっておけば、朝ごはんやメイクを済ませる間にクセをつけることが可能です。時間がない朝の場合は、2の状態をつくったらドライヤーの温風でしっかりと熱をあて、最後に冷風を当てると短時間でもクセがつきやすくなりますよ。

また髪の量が多い人は、ねじる髪をふたつではなく3つや4つに分けるか、ふたつに分けた髪をさらに分け、それぞれの毛束をツイストしておくとしっかりとしたクセがつくのでおすすめです。

いかにも巻きました! という感じではない、今どきのラフなこなれ感を演出してくれるナチュラルなカールが、ヘアアイロンもカーラーも使わずにつくれるなんてうれしいですよね♪ 毎日のスタイリングはもちろん、急なお泊りや旅行の時などにも便利なテクニックなので、ぜひ覚えておきましょう!

photo: 鈴木花美 model:横張芽衣

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

資生堂ブランドでは「インテグレート グレイシィ」の菅野美穂さん、「HAKU」の松雪泰子さんなど、CMや広告のメイクを担当。商品開発からお客さま視点の情報開発、トレンドをほどよく落とし込んだみずみずしいクリエイティブまで活動は多岐にわたる。2児の母でもあり、ビューティーでママを応援する「らしくfor mommy」、40代からの美容「らしくOTONA beauty」のプロジェクトを立ち上げ、SNSでも美容情報配信中。
LINE: https://lin.ee/dnCRiDV
Instagram: https://www.instagram.com/yukikosaito.hma/
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す
ブランドから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報