美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2022/04/18

メイクまで楽しく♪「魅せ肌スキンケア」でうるおいギュッ♡な肌に【ここちよいうるおいVol. ⑤】

メイクまで楽しく♪「魅せ肌スキンケア」でうるおいギュッ♡な肌に【ここちよいうるおいVol. ⑤】

毎日のルーティンでスキンケアをしていたり、みんなが使っているからという理由だけでアイテムを選んだり...。そんな「なんとなくケア」を見直してみませんか?

自分自身の気持ちや肌にフィットした「ここちよいケア」ができれば、きっと肌も気持ちも満たされプラスに変わるはず!

そこで、毎日のうるおいケアがより肌と心を満たすひと時となることを願って、資生堂の美容賢者が目からうろこの情報をお届けしていきます。

***

連載第5回目は、前回に引き続き資生堂の内藤研究員にお話しを伺います。

内藤 ひろみさん

内藤研究員:「みなさんこんにちは、資生堂研究員の内藤ひろみです。

新生活がはじまり、新しい出会いも増えるこの時期は、『メイクもステキに仕上げたい♪』という気持ちが高まりますよね。

また、前回ご紹介したポジティブスキンケア』を続け、肌状態が整ってくると、今まで以上に『自分の好きなメイクを思いっきり楽しみたい!』という気分になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなみなさんの気持ちや気分を後押しするべく、『メイクまで楽しくなる肌』『誰かに魅せたくなる肌』づくりをサポートするとっておきの方法をご紹介します。名付けて『魅せ肌スキンケア』です」。

メイクまで楽しくなる、「魅せ肌スキンケア」って?

メイクまで楽しくなる、「魅せ肌スキンケア」って?

「魅せ肌スキンケア」とは、『メイクまで楽しくなるような肌をつくるスキンケア方法』のこと。
では、メイクまで楽しくなる肌ってどんな肌だと思いますか?

個人的には『うるおいがギュッとつまっていて、べたつきやざらつきがない肌』ではないかと考えています。そういった肌だと、ベースメイクののりが格段にアップするのはもちろん、崩れにくくなるので1日中きれいなメイクをキープできますし、ポイントメイクの発色まで鮮やかに!

そして、そんな肌づくりのカギとなるのが『うるおいバランス』です。肌のうるおいにとって大切なのは『水分』と『油分』ですが、どちらかが多すぎても少なすぎても、肌にとっていい状態とはいえません。重要なのは『水分と油分がバランスよく肌に保たれている』ことなんですよ。

とは言え、自分の肌がうるおいバランスのいい肌かどうかなんてわかりにくいですよね。実は、うるおいバランスのいい肌に触れると、下記のような感触を得ることができるんです。さっそく、自分の肌に触れながら確認してみましょう!

✅ 吸いつくようなもっちり感がある
✅ さらっとなめらかなのに、しっとりもしている
✅ うっとりするようなやわらかさを感じる
✅ 凹凸がなくつるつるしている

みなさんの肌はいかがでしたか? しっとり感やなめらかさ、やわらかさを感じられたでしょうか?

肌触りがイマイチだった...という人も、心配はありません。「魅せ肌スキンケア」を取り入れれば、『うるおいバランスのいい肌』に近づけますよ。さっそく、その方法をご紹介していきますね!

「コットン使い」で、うるおいバランスを整えよう♪

「コットン使い」で、うるおいバランスを整えよう♪

「魅せ肌スキンケア」でうるおいバランスのいい肌をつくるのって、実はとっても簡単なんですよ。朝のスキンケアの際に「化粧水&乳液をコットンでつける」だけなんです!
それでは、詳しいメカニズムを解説しますね。

◎うるおいを均一に届けるから、もっちりやわらか肌に

コットンを使って化粧水や乳液を塗布すると、水分や油分が角層のすみずみまでムラなく均一になじませやすく、肌のすみずみまでバランスよくうるおいが届き、もちもちやわらかい肌に導いてくれるんです。

以前、「お客さま自己流のお手入れ」と「コットンを用いた資生堂美容法(化粧水&乳液をコットンでつけること)」とを比べ、肌のうるおいに差が出るかを調べる実験を行ったところ、「コットンでつける方がよりうるおう」という結果が出ました。このことからも、コットンづけの効果がよくわかりますよね!

角層の水分量(ほお)

◎べたつかないから、さらさらしっとり感触に

コットンを使うと、うるおいをしっかり届けつつ肌表面に余分な油分が残りにくくなるため、べたつきが減り、『肌表面はさらさらなのにちゃんとしっとりうるおっている』という理想的な肌感触に導けます。

◎不要な角層をオフするから、つるつる卵肌に

コットンには、肌表面に残った不要な角層を取り去り、化粧水や乳液のうるおいをより肌に届けやすくする働きも。凹凸やざらつきのないつるんとした肌は、見た目や触り心地だけでなくメイクの仕上がりも◎に。

◎肌がうるおうと、メイクが楽しくて、心まで充実する

このように、化粧水&乳液をコットンでつけると、「うるおいをムラなく均一に届ける」「余分な油分を残さない」「不要な角層をオフする」ことが叶います。

すると、今までと同じファンデーションを使っても...

・ファンデーションが薄く均一に密着し、きれいに仕上がる
・ムラづきやヨレがなくなり、メイクののりもよくなる
・ファンデーションの伸びやなじみがよくなるから、時短で仕上がる
・凹凸やざらつきなどのノイズがないから、ファンデーションを厚塗りしなくていい
・余分な油分がないので、崩れも防げる

といった違いを感じられるように!

ファンデーションののりがよく、薄づきできれいな仕上がりだったら、それだけで朝の気分が盛り上がりますよね? メイク崩れが少なく、いつ鏡を見てもきれいでいられたら、自分への自信ももっとアップすると思いませんか?

つまり、「魅せ肌スキンケア」で肌のうるおいバランスが整うと、朝のメイクも楽しくなるし、その日の気分やテンションまでアップし、1日を幸せな気分ですごせるようになるんです。

そうすることで、仕事を頑張れたり、プライベートが充実したりといい循環が生まれ、心まで満たされるのではないでしょうか。

肌にも、メイクにも、そして心にもいい影響を与え、毎日をより充実させてくれる。それが「魅せ肌スキンケア」の魅力でもあるんですよ!

「魅せ肌スキンケア」にチャレンジ♪

「魅せ肌スキンケア」にチャレンジ♪

実際に「魅せ肌スキンケア」を行うと、肌や心にどんな変化があらわれるのか、ちょっと気になりませんか? 今回も、「美容の情報」編集部員2名に試してもらいました。ふたりに感想をレポートしてもらいます!

編集Kの場合...
「私は素肌っぽい薄づきのベースメイクが好きなのですが、そういう肌に仕上げると、肌トラブルや肌悩みをメイクでもカバーしきれないんですよね...。でも『魅せ肌スキンケア』を試してみたところ、同じスキンケアでも、スキンケア後の肌感触が違っていることに驚き! このしっとりやわらかな感触こそ、私の理想!! ファンデーションののりも良くなったせいか、ちょっと自信も♪ 仕事でよくご一緒するするメイクさんに「スキンケア変えたの?」って聞かれたほど!」(編集K)

ライターIの場合...
「『魅せ肌スキンケア』を取り入れて一番感じたのが、『さらさらしっとり』という肌感触の偉大さです。今までは『べたべたしっとり』肌にメイクをしていたので、ファンデーションが肌の上でずるずる上滑りしたり、メイクが崩れやすかったりしたのですが、『さらさらしっとり』肌にメイクをすると、ファンデーションが薄くピタッとフィットするし、お化粧直しがとっても楽だし、本当にいいことだらけ! 最近は、肌がいい感じでメイクの仕上がりもいいので、朝からテンションもアップ。いつもより元気で楽しい1日をすごせるようになっています♪」(ライターI)

ぜひみなさんも、「魅せ肌スキンケア」でメイクまで楽しくなる肌を実感してみてください。肌も心もうるおって、充実した毎日を送れるはずですよ♪

魅せ肌スキンケアと相性◎のアイテム

ここからは、魅せ肌スキンケアのお供におすすめのアイテムをご紹介します!

\おすすめ化粧水&乳液/

たっぷりのうるおいで透明感にアプローチ。薬用 美白化粧水&乳液

うるおいで満ちる透明感と、なめらかで均一なハリにアプローチ。深くうるおって、明るく、メイクのりやもちまでいい肌へと導きます。

 

うるおった健やかな肌へと導く化粧水&乳液

素肌力にこだわるあなたへ。吸い込まれるような浸透感で、乾燥などの肌トラブルを防ぎ、誰かに見せたくなるようなうるおったすこやかな肌へと導きます。しっかりうるおうのにベタベタしないテクスチャーで、どんな時でも心地よく使用できます。

 

角層深くまでうるおいをしっかりめぐらせる化粧水&乳液

パワーボタニカル*が角層深くまでうるおいをしっかりめぐらせハリ・弾力、透明感を与えてクリアで明るい肌をキープ。肌にスーっとなじみ、しっとりする使い心地。朝のメイクのりが楽しみになる素肌へ。

 

\おすすめコットン/

化粧水・乳液のうるおいを肌に行き渡らせる化粧用コットン

ふわふわと厚みがあり、羽毛のようにやわらかな肌心地で、気持ちよく使用できるコットンです。肌にうるおいを届けます。しっとりしているのにべたつかない、メイクがきれいに仕上がる肌に。

 

メッシュ面とソフト面2つの機能をあわせ持つコットン

肌に不要なものを拭き取りリセットするメッシュ面とスキンケアを肌になじませるソフト面の2つの機能をあわせ持つコットン。メイク前に使えば、しっとり&つるつるな肌感触に導きます。

 

\こちらもおすすめ!/

不要な角層をやさしく除去する、ふき取り化粧水

放っておくとサビのように残る皮脂や浸透・透明感の妨げとなる不要な角層をやさしい使い心地で除去し、スキンケアがより届きやすい肌にアプローチ。洗顔後の素肌に取り入れることで、さらにメイクのりのいいつるつるな素肌へと導くことが可能です。



***

次回は、4月に一生懸命頑張った自分にリラックスや癒しを与える「リセットスキンケア」をお伝えします。香りや呼吸に注目し、ほっと息抜きできるケア方法をご紹介しますので、お楽しみに!

*美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです


<「ここちよいうるおい」過去の連載はこちらから>

>>【Vol. ①】化粧水、冷たっ...(泣)。寒い日は『ぬくぬくスキンケア』で無理せず、楽しくお手入れを♪
>>【Vol. ②】花粉や寒暖差...『セルフハグスキンケア』で不機嫌肌に寄り添って♡
>>【Vol. ③】資生堂が伝承する『ていねいなお手入れ』で肌も心もハッピーに
>>【Vol. ④】心躍る新年度♪「ポジティブスキンケア」で肌と心を後押し!


photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > メイクまで楽しく♪「魅せ肌スキンケア」でうるおいギュッ♡な肌に【ここちよいうるおいVol. ⑤】