美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/07/09

【夏のマスクメイク決定版】崩れ知らずのテクニック&アイテムでキレイをキープ♪

【夏のマスクメイク決定版】崩れ知らずのテクニック&アイテムでキレイをキープ♪

夏でも、ママは子どもの外遊び、公園、野外スポーツの付き添いなど、外で活動することも多いですよね。そこで気になるのが、マスクや汗、湿気でのメイク崩れ...。

今回は、マスクでも安心! 崩れ知らずのアイテム&テクニックをご紹介します。教えてくれるのは、資生堂ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんです。

スキンケアで毛穴を引き締める

崩れ知らずの肌をつくるには、土台となるスキンケアも大切! いつものスキンケアに「収れん化粧水」をプラスすることで、毛穴がキュッと引き締まり崩れにくさがアップしますよ。

\おすすめアイテム/

引き締めてうるおいが続く、収れん化粧水

コットンに含ませ、肌がひんやりするまで肌を軽くにトントンとパッティングすると、毛穴がキュッと引き締まり、べたつきや化粧崩れを防ぎます。みずみずしくさっぱりした使い心地で、夏に最適。

 

ベースメイクはノーファンデが◎!

ファンデーションは崩れやヨレが目立ちやすいため、下地&コンシーラーで仕上げるのがおすすめ。UV対策もきちんとできて、マスクへの付着も最小限になります。

崩れにくい下地でトーンアップを

崩れにくい下地でトーンアップを

マスクをつけていると目元に影ができて顔が暗く見えやすいため、トーンアップ効果もある崩れにくい下地を使用しましょう。

\使用したアイテム/

くすみのない明るい肌を持続させる化粧下地

肌になじませると瞬時にうるおいを与え、小じわ・毛穴・色ムラの目立たない、なめらかな素肌へ仕上げます。下地だけとは思えないような、ふわっと明るい肌印象に。カラーレスなので、マスクへの色移りも心配なし!

 

見えている部分だけコンシーラーをON

見えている部分だけコンシーラーをON

マスクから出る目周りの部分は、コンシーラーでトーンアップを。頬の高い位置にコンシーラーをのせ、目の下などになじませることで、暗く見えやすい目元を明るくし、シミなどのトラブルもカバーできます。

指でトントンとなじませてカバーし、指先に残ったコンシーラーを上まぶたにも軽くなじませると、きれいに目周りのくすみもオフできますよ。

\使用したアイテム/

素肌のような透明感。でもきちんとカバーするコンシーラー

美容成分配合で重ねても決して厚ぼったくならず、まるで素肌と見紛うような透明感とうるおいに満ちた仕上がりに。くすみにくく乾燥しにくい仕上がりのため、目元にも最適。

 

マスクで暗く見えやすい目元は明るく!

マスクで暗く見えやすい目元は明るく!

眉は、明るめのアイブロウパウダーでふんわり仕上げるのがコツ。明るく抜け感のある雰囲気に。

アイメイクは、夏っぽいカラーを使うのがポイント。オレンジのラメシャドウをアイホール全体と下まぶたの目尻にON。さらに、ブラウンのペンシルアイライナーでまつ毛のキワを締めると、明るく透明感のある印象に。

\眉&目元に使用したアイテム/

好みの色がつくれる。使いやすいアイブロウパウダー

カラーの調整がしやすく、自分好みの色をつくれます。ノーズシャドウやハイライトカラーにもなり、これひとつで立体的なアイメイクが楽しめます。

 

大粒ラメが夏にぴったり。ふんわり発色のアイシャドウ

夏の日差しに負けない、キラキラ輝く大粒ラメ入り。ほんのりオレンジを感じる発色なので、どんなメイクとも好相性です。

 

汗・皮脂・水に強いリキッドジェルライナー

リキッドジェルがピタッと密着。汗・皮脂・水に強いウォータープルーフタイプなので、真夏やマスク着用時にも◎。思い通りのラインがスルスル描け、ぱっちり目元が1日中*続きます。
*10時間仕上がり持続テスト済み(資生堂調べ・効果には個人差があります。)

 

マスクをとっても慌てない! 頬&口元はティントタイプで顔色UP!

マスクをとっても慌てない! 頬&口元はティントタイプで顔色UP!

チークとリップは、色もちがいいティントタイプをチョイス。指でトントンと軽く叩くようになじませると、自然な発色を楽しめるのはもちろん、肌に密着してより崩れにくくなります。先にチークを塗り、その発色を見ながらリップの濃さを調整するのがおすすめです。

\チーク&リップに使用したアイテム/

じんわり色づき自然な血色感を演出するチーク&リップ

にじむような血色感と透明感のあるつやで、きれいなすっぴんのほおと唇に。ティントタイプなので、肌の内側からにじんだような血色感を演出します。

 

崩れた時はパウダーでお直し!

テカリや崩れが気になったら、フェイスパウダーでお直しを。ほんのり色づくタイプのパウダーなら、透明感をアップしながら気になるトラブルもカバーでき、メイクしたての美肌を再現できます。

\おすすめアイテム/

ファンデ並みのカバー力でキレイな素肌を叶えるフェイスパウダー

毛穴・赤み・ニキビ跡をしっかりカバーしつつ、ふんわり透明感のある仕上がりに。まるで「キレイな素肌」を叶えます。お直し用としてはもちろん、ベースメイクを薄づきにしたい時にもおすすめです。極薄コンパクトなので、持ち歩きにも便利!

 

崩れた時はパウダーでお直し!

ご紹介したテクニック&アイテムがあれば、マスクをしている時だけでなく、外した時もきれいでいられます。テカリや崩れを気にせず、夏のメイクを楽しんでくださいね♪



ストライプシャツ/ポンデシャロン(ポンデシャロン鎌倉店)、ピアス/ゴールディ
【問い合わせ先】
ゴールディ:0120-390-705、ポンデシャロン鎌倉店:0467-38-6552


[あわせて読みたい記事]

>>40代からはアイメイクの見直しどき!目元のくすみ&たるみを感じさせないポイントとは?
>>【夏のベースメイクテク&おすすめアイテム8選】テカリ・ベタつき・化粧崩れ知らずの肌に!


photo:輿石真由美(MILD) stylist:玄長なおこ model:中程カンナ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、資生堂のヘアメイクとして宣伝広告の撮影、国内ファッションショーなどで活
動。商品開発、美容情報の発信・心理や印象の研究に携わる。3児の母でもあり、ビューティーで
ママを応援するプロジェクトのメンバー。LINEアカウント「らしく for
mommy」(LINEID:@rashiku)で美容情報配信中。LINE@のお友達登録はこちら
https://hma.shiseidogroup.jp/matsumoto/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【夏のマスクメイク決定版】崩れ知らずのテクニック&アイテムでキレイをキープ♪