美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/06/18

【ファンデーションの種類別塗り方】意外と知らない塗る順番からスポンジ・ブラシ別の塗り方まで

【ファンデーションの種類別塗り方】意外と知らない塗る順番からスポンジ・ブラシ別の塗り方まで

パウダーにリキッド、クッションなど、ファンデーションには多くの種類があり、スポンジやブラシといった用具によっても仕上がりが変わります。そこで今回は、なりたい理想の肌を手に入れるべく、ファンデーションの種類&塗る用具別に正しい塗り方をレクチャーします。さらに、おすすめのファンデーションも紹介するので、さっそくチェックを!

目次

ファンデーションのタイプ&特徴を知ろう!

まずは、それぞれのファンデーションの特徴や魅力を知り、なりたい肌や肌質などにぴったりの種類をチェックしましょう!

パウダーファンデーションの特徴&魅力

  • スポンジやブラシでササっと仕上げられるから、簡単で時短にもなる
  • 軽くてナチュラルな仕上がり
  • サラッとしているので、脂性肌の人にも◎
  • メイク直し用としても重宝!

リキッドファンデーションの特徴&魅力

  • みずみずしく自然なツヤ感を演出できる
  • 保湿力が高く、乾燥しづらい
  • サッと塗れば薄づきに、重ね塗りでカバー力アップなど、仕上がりの調整がしやすい

クッションファンデ―ションの魅力&特徴

  • リキッドファンデーションのようなみずみずしさと、パウダーファンデーションのような手軽な塗りやすさを併せ持っている
  • メイク時間を短縮できる
  • 肌が乾燥しづらく、つけたてのツヤ感が続く
  • コンパクト型で持ち歩きに便利。メイク直しも簡単

>>自分の肌色や悩みに合わせて選ぼう おすすめファンデーション&下地

ファンデーションを塗る時は順番が大切!

ファンデーションを塗る時は順番が大切!

ファンデーションを塗る際は、右ほお→右額→左ほお→左額と、半顔ずつ仕上げます(左右が逆になっても問題ありません)。目、鼻、口まわりは最後に。この順番は、パウダーでもリキッドでもクッションでも同じです。また、スポンジやブラシなど、塗る用具が変わっても順番は変わりません。

>>プロ直伝! ファンデーションを使った美肌見せテクをマスターしよう

パウダーファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

パウダーファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

スポンジを使ったパウダーファンデーションの塗り方

まずは基本となる、スポンジを使った塗り方をレクチャー!

スポンジを使ったパウダーファンデーションの塗り方

1.化粧下地を顔全体になじませたら、パウダーファンデーションを、スポンジの約半分の面積にとります。(この量で、顔の半分を仕上げます)

スポンジを使ったパウダーファンデーションの塗り方

2.先ほど紹介した順番でファンデーションを塗っていきます。塗る際は、顔の内側から外側に向かって、スポンジをすべらせるようなイメージで力を入れずになじませます。

スポンジを使ったパウダーファンデーションの塗り方

3.両ほおと額を塗り終わったら、スポンジに残っているファンデーションで、目、鼻、口まわりを仕上げます。目のキワや小鼻などの細かい部分は、スポンジを折り曲げて使用するのが◎。目の下などトラブルが気になる部分には、スポンジにファンデーションを追加し、トントンとたたき込むようになじませて、しっかりカバーを。

4.全体を仕上げたら、厚塗りになっていないか、ムラがないかを鏡でチェック。厚みやムラがある場合は、スポンジのファンデーションがついていない部分で、軽くたたくようになじませると、均一できれいな仕上がりになります。

ブラシを使ったパウダーファンデーションの塗り方

スポンジよりもツヤを残した軽い仕上がりにしたい時は、ブラシを使って仕上げるのがおすすめです。

POINT!

ブラシ塗りの場合は、ファンデーションがより薄づきになるので、気になる肌悩みは下地の段階でしっかりカバーを。黄ぐすみや色むらが気になる人は「ラベンダー系」、ニキビ跡や赤みが気になる人は「グリーン系」、シミ・そばかすやクマが気になる人は「イエロー系」の下地がおすすめ。

ブラシを使ったパウダーファンデーションの塗り方

1.肌悩みに合わせた下地を、両ほお・額・鼻・あご先の5点に置き、指で顔全体になじませます。

ブラシを使ったパウダーファンデーションの塗り方

2.毛先が丸いブラシにパウダーファンデーションを含ませ、最初に紹介した順番でなじませます。すべらせるようにブラシを動かすと、ツヤ感が出せますよ。

POINT!

薄づきに仕上げたい時は、平型より丸型のブラシがおすすめです。

ブラシを使ったパウダーファンデーションの塗り方

3.毛穴や肌トラブルが気になる部分は、ブラシにファンデーションをしっかり含ませ、毛先で軽くたたくように塗布しましょう。

4.全体に塗り終わったら、鏡でチェック。厚塗り感やムラがある場合は、ブラシについたファンデーションをティッシュで軽く落としてから、気になるところをサッと払うようになじませましょう。

>>パウダーファンデーションを塗る時のおすすめブラシ&上手な使い方はこちらをチェック!

\おすすめのパウダーファンデーション/

毛穴レスな美肌に導く♪

気になる毛穴・ニキビあと・色ムラを自然にカバーし、プロが仕上げたような透け感美肌に! サラサラの質感が好きな方にもおすすめです。
>>専用ケースはこちら

 

カバー力&素肌っぽさを両立するパウダリーファンデーション

ひと塗りで毛穴やいちご鼻や色ムラをふんわりカバーし、まるで素肌そのものがキレイかのような仕上がりに。まるで何もつけていないかのような軽いつけ心地も魅力です。

>>専用ケースはこちら

 

リキッドファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

リキッドファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

まずは、スポンジを使った塗り方をご紹介。スポンジ使用は、ムラなく肌にフィットするので、均一で崩れにくい仕上がりに!

スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

1円硬貨大もしくはディスペンサー1回押しの量を手のひらに出します。これが全顔使用量の目安です。
※適量はアイテムごとに違う場合があります。サイトなどでチェックしましょう。

スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

1.下地を顔全体になじませたら、ファンデーションを両ほお・額・鼻・あご先に置きます。ほおや額は面積が広いので、少し多めにすると◎。

スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

2.スポンジを使用し、顔の内側から外側に向かってファンデーションをなじませます。スポンジはスーッとすべらせるように動かして。

スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

3.両ほおと額を塗り終わったら、スポンジに残っているファンデーションで、目、鼻、口まわりを仕上げます。目のキワや小鼻などの細かい部分は、スポンジの先の細い部分を使用しましょう。目の下などトラブルが気になる部分には、スポンジにファンデーションを追加し、トントンとたたき込むようになじませて、しっかりカバーを。

4.最後にルースパウダーをON。パウダーは、ツヤ感の出るもの、マットな仕上がりになるものなどさまざまな種類があるので、なりたい肌に合わせてセレクトしましょう。

ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

より肌のツヤ感を出したい時はブラシを使うのがおすすめ。塗布量をコントロールしやすいから、素肌感を活かした光沢肌に仕上がります。

1.スポンジの時と同様の量をとり、両ほお・額・鼻・あご先の5点に置きます。

ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

2.毛先が斜めになっているブラシを使用し、ブラシの面が肌にしっかり当たっていることを意識しながら、顔の内側から外側に向かってすべらせるように動かし、ファンデーションをなじませます。

ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

3.目の下などトラブルが気になる部分には、ブラシにファンデーションを追加し、トントンと軽くたたき込むようになじませて、しっかりカバーを。目のキワや・小鼻など細かい部分は、ブラシの先を使ってなじませるときれいに仕上がります。

4.最後にルースパウダーを顔全体にふわっとなじませたら完成。ファンデーションのツヤを残したい場合や、乾燥が気になる時は、Tゾーンや額、あご先など皮脂が出やすい部分にのみなじませてもOKです。

>>リキッドファンデーションを塗る時のおすすめブラシ&上手な使い方はこちらをチェック!

\おすすめのリキッドファンデーション/

高密着ジェルが毛穴・色ムラをフルカバー

高密着ジェリーが吸いつくように肌に密着。頬の毛穴や色むらをしっかりカバーしながら、素肌のような自然な仕上がりに。崩れにも強く、ツヤのあるきれいな肌が長時間続きます。

 

毛穴・くすみ・かさつきをきれいにカバー

毛穴・くすみ・かさつきなど気になる肌悩みをカバーし、つけるたび素肌を美しくアップデート。みずみずしくなめらかな感触で、透明感の冴えわたる肌へと導きます。

 

クッションファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

クッションファンデーションの塗り方&おすすめアイテム

クッションファンデーションの塗り方

クッションファンデーションの塗り方

1.指2~3本をパフに添え、クッション面をパフで軽く2~3回押し当て、ファンデーションを適量取ります。「パフ半分の量=半顔の量」を目安にしておけば、多く取り過ぎてむらになってしまう...ということがなくなります。

2.ほおの高い部分や悩みをカバーしたい部分から、優しくトントンと置くようにしながら広げます。

POINT!

キレイにツヤ感を出したいなら、パフをすべらせずにスタンプを押すようにトントンと塗ることが大切。肌にファンデーションがピタッと密着し、まるで素肌がツヤのあるように仕上がります。

3.パフに残ったファンデーションで顔の中心~鼻、口周り、フェイスラインに優しくトントンと広げます。

クッションファンデーションの塗り方

4.目の周りは軽く押さえるようにし、小鼻や目のキワなど細かい部分は、指でなじませるかパフを半分に折って押さえましょう。

5.少なめの量を再度パフに取り、眉間から額に向かって優しくトントンと広げて完成です。

>>たるみ毛穴をカバーするクッションファンデーションの塗り方はこちらをチェック!

\おすすめのクッションファンデーション/

化粧崩れを防ぎ、自然な仕上がりをキープ!

ひと塗りで毛穴をカバーしつつ、フレッシュでナチュラルな仕上がりを実現。軽いつけ心地でうるおいをしっかりキープしながら、汗、皮脂、動きが引き起こす化粧崩れも防ぎます。
>>専用ケースはこちら

 

素肌感とカバー力を両立!

フファンデーションを塗っていないかのような軽く素肌コンシャスな仕上がりと、あらゆる肌悩みを忘れさせてくれるカバレッジを理想的なバランスで実現。保湿効果や紫外線などの環境ストレスからガードしてくれるプロテクト機能も!

 

ファンデーションがきれいに仕上がれば、メイク全体が格上げされます。ぜひ正しい塗り方を実践して、理想のナチュラルな美肌を目指してくださいね!



[あわせて読みたい記事]

>>【クッションファンデまとめ】上手な使い方&おすすめアイテムまで徹底解説!
>>【プロが伝授する化粧崩れ防止テク】朝の肌準備からベースメイク&お直しテクまで



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:鈴木花美 model:清香

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

【こちらもおすすめ】

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【ファンデーションの種類別塗り方】意外と知らない塗る順番からスポンジ・ブラシ別の塗り方まで