美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/10/02

withマスク時代のメイクは、眉&目が勝負!色選びとテクを解説。トレンドの取り入れ方も♪

withマスク時代のメイクは、眉&目が勝負!色選びとテクを解説。トレンドの取り入れ方も♪

マスクの着用が日常化した今こそ、マスクに映えるメイクにアップデートを。そこで今回は、今シーズンのトレンドをふまえた、マスクメイクをご紹介します♪ 教えてくれるのは、資生堂ヘアメイクアップアーティストの廣瀬友理子さんです。

マスク映えメイクは、眉&目元を意識!

マスク映えメイクは、眉&目元を意識!

マスク着用時のメイクは、マスクから出ている「眉と目」にインパクトを持たせることが大切です。今季はワントーンヌーディーメイクとともに「繊細でクリーンなアイメイク」もトレンド入り。そんなトレンドをマスクメイクに取り入れる時は、すっきりとした眉に、ブラックのアイラインを効かせたアイメイクが好バランスです。

また、マスクの色は白やグレーなど無彩色の場合が多いので、アイシャドウは、明るいピンクラメ系などの華やかな色みをプラスするのもおすすめですよ。それでは、詳しいやり方を解説しますね!

【眉メイク】自眉を活かして、すっきりストレートに

【眉メイク】自眉を活かして、すっきりストレートに

マスクの時は、眉はすっきりと描いて存在感を出すのがおすすめです。形はストレートを意識し、あまり太くなりすぎないようにしましょう。
それには、形をしっかり描けながらも、自然にみえる2WAYタイプのアイブロウが◎。ペンシルで眉のまばらな部分に毛を足すようにして描き、パウダーで全体をふんわりぼかすことで肌なじみも良くなり、簡単に自然な眉に仕上げることができます。

使用したアイテムはこちら
これ1本でナチュラル眉が描けるWエンドアイブロウ

ふんわり描けるパウダーと、細い線も太い線も描ける三角芯のペンシルが1本に。自眉がしっかりしている人も、まばらな人も、簡単にすっきり眉が描けます。汗・皮脂・水・こすれにも強い!

 

【アイメイク】ブラックラインとピンクラメシャドウでメリハリを

【アイメイク】ブラックラインとピンクラメシャドウでメリハリを

まずはブラックのペンシルアイライナーで、目のキワにアイラインをしっかり引きます。目尻は5㎜くらい長めにスッと描きましょう。目尻のラインは下がりやすいので、水平を意識して描くとGOOD!
目を開けた時にアイラインが見えにくい人は、まつ毛をしっかり上げてマスカラをたっぷり塗布すると、目のフレームが際立って、マスクに負けない印象深い目元に。

【アイメイク】ブラックラインとピンクラメシャドウでメリハリを

ピンクベージュのアイシャドウをアイホール全体になじませて、目元に明るさをプラスします。その後、黒目の上部分に、明るいピンクラメシャドウをON。まぶたに輝きをのせることで、アイラインも際立ち、メリハリ感のある洗礼された目元に。

使用したアイテムはこちら
なめらかな描き心地。くっきり瞳に導くペンシルアイライナー

細くなめらかなラインがするする描け、さらにそのラインを長時間キープ可能*。濃密なブラックカラーで、印象的なくっきりラインに。
*13時間仕上がり持続データ取得済み(資生堂調べ。効果には個人差があります。)

 

ほどよい赤みでトレンド感も◎のアイシャドウパレット

トレンドのくすみ系ピンクベージュ~赤みブラウンがIN。グラデーションはもちろん、単色使いもできる優秀カラーばかりです。今回のメイクでは、左上をアイホールに、右下を黒目の上に使用。

 

【アイメイク】ブラックラインとピンクラメシャドウでメリハリを

トレンドも楽しみながら、メイクのコツを取り入れて、マスク生活でも自分らしいおしゃれをして過ごしましょう!

シャツ/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、イヤカフ/アネモネ(サンポークリエイト)、ヘアアクセ/ゴールディ
【問い合わせ先】
エイチ・プロダクト・デイリーウエア:03-6427-8867、サンポークリエイト:082-248-6226、ゴールディ:0120-390-705

photo:輿石真由美(MILD) model:仁美

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
廣瀬友理子

廣瀬友理子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、国内ファッションショーや雑誌・テレビ撮影などのヘアメイクを中心に活動。資生堂「マキアージュ」の商品開発・ソフト情報の作成にも携わる。
http://hma.shiseidogroup.jp/hirose/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > withマスク時代のメイクは、眉&目が勝負!色選びとテクを解説。トレンドの取り入れ方も♪