美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/03/22

香水の付け方の基本をレクチャー♪好印象を残す「香り」の楽しみ方とは...

香水の付け方の基本をレクチャー♪好印象を残す「香り」の楽しみ方とは...

目に見えないのに、その人の印象を記憶に残す「香り」。上手に使って好印象につなげるには? 嗅覚や匂いの基礎知識、香りの性質や香水などの付け方の基本について、資生堂の研究員が解説します。

目次

知っておきたい香りの性質とは?

香りは、さまざまなメッセージを伝えるコミュニケーションツール。ファッションと同じように、自分のなりたいイメージを表現することができます。香水などの香りを上手に使うために、嗅覚や匂いについての基礎知識をマスターしておきましょう。

嗅覚は「マヒしやすい」

濃度の高い香水を付けているときや、強い芳香剤を室内で使っているときは要注意。使っている本人は周囲の人が感じているほど強く感じていないことがあります。

嗅覚は「好き嫌いに敏感」

タバコが嫌いな人は、タバコの匂いに敏感なように、嗅覚は嫌いな匂いに対してとくに敏感です。他の人が気にならないような匂いでも、いたたまれないと感じることもあり、香りの好みは千差万別。自分の好きな香りが必ずしも相手も好きとは限りません。

匂いは「下から上にたちのぼる」

立ちのぼったときに快く香る場所に付けると効果的。直接鼻に届く身体の中心は避けましょう。

香りは「温度が高いほどよく香り立つ」

香りは温度が高いほどよく香るので、手首、ひじ、ひざの内側、耳の後ろなど脈を打っているあたりに付けるのがポイント。比較的体温の高い部分や、髪でかくれる部分に付けると、よく香り立ちます。

香りの付け方、基本のポイント

まず、「清潔な肌に直接付ける」こと。香水などの香りは体温で温められ、肌の匂いとミックスされてその人だけの香りになるので、直接素肌に付けるのが基本です。

香りを引き立たせるために、汗や汚れのない清潔な肌に付けましょう。汗をかいている肌に付けると、汗と混じって不快なにおいを発することに。汗をかきやすい場所は避けたほうが賢明です。

もうひとつのポイントは「身体の広い範囲に付ける」こと。英語では「香りを付ける」ことを"wear"と表現します。つまり香りは"着る"もの。目に見えないコスチュームだからこそ、なるべく身体の広い範囲に平均的に付けるようにしましょう。

香りの印象別・おすすめ香水

ここからは、おすすめのフレグランスをご紹介します! 「甘い香り」「爽やかな香り」「フローラルな香り」と香りの印象別にピックアップしたので、自分好みのアイテムを見つけてくださいね♪

\甘い香りがお好きな方は.../

魔法の媚薬のような、甘くロマンティックなフレグランス

赤い果実や甘く可憐に香り立つブーケ、メープルシロップなどを凝縮したような、スイートでロマンティックな香りが魅力。ほかにはないかわいらしいパッケージや、お試ししやすい価格も魅力!

 

ふんわり甘いバニラが魅力。フェミニンな香りのオードトワレ

甘いバニラのなかに、フローラルやアンバーをブレンドし、フェミニンな香りに仕上げた香水です。甘さが濃すぎず、淡くほのかに香るため、季節を気にせず使用できます。

 

\爽やかな香りがお好きな方は.../

誰からも愛される爽やかな香りのオードトワレ

太陽が降りそそぐ地中海をイメージした、爽やかなフルーティフローラルの香り。万人受けする香りなので、場面を選ばず付けられます。男女兼用で使うのもおすすめです。

 

\フローラルの香りがお好きな方は.../

花々の透明感が強い印象を残すオードパルファム

肌にまとった瞬間は、シクラメンやロータスの透明感ある香りが広がり、その後、オレンジブロッサムやガーデニアの優美な香りに変化。気持ちまでやさしくなるような、繊細で上品なホワイトフローラルの香りを楽しめます。

 

ホワイトフローラル×ローズが品よく香る、ボディ&ヘアフレグランス

清潔感と上品な甘さを掛け合わせたホワイトフローラルとローズの香り。ボディはもちろん、ヘアフレグランスにも◎。オイルタイプなので、肌や髪にツヤ感もプラスできます。


香水は、付け方を間違えると逆効果になってしまうことも...。ご紹介した香りの性質や付け方のポイントを踏まえて、上手に楽しんでくださいね♪


[あわせて読みたい記事]

>>香りで印象をコントロール♪研究員に聞いた上手な香水の選び方
>>【シーン別】デート前・安眠・目覚めすっきり。プロ直伝、バスタイム&お風呂上がりの香りの楽しみ方



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 香水の付け方の基本をレクチャー♪好印象を残す「香り」の楽しみ方とは...