美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/05/31

エグゼクティブクラスにぴったり!品格と存在感のあるメイク

エグゼクティブクラスにぴったり!品格と存在感のあるメイク

さまざまな業界で、女性が社長や取締役といったエグゼクティブクラスに就任する動きが広がっていますよね。これまで以上に注目される機会が増えると思るのではないでしょうか。そんなエグゼクティブクラスにふさわしいメイクをヘアメイクアップアーティストの鎌田由美子さんから紹介します。

「Executive Beauty」は自己プロデュースの手段!

「Executive Beauty」は自己プロデュースの手段!

エグゼクティブ世代ならではの肌の悩みを実感している人も多いのではないでしょうか。気になる肌悩みを上手にカバーし、さらにご自身の内面から発するエネルギーとオーラが漂うような 「品格」と「存在感」のあるメイクで、自己プロデュースしましょう。

品格と存在感を演出する「Executive Beauty」のポイント

品格と存在感を演出する「Executive Beauty」のポイント

肌:ていねいな肌づくりが大切。目まわりのくすみをカバーし、肌を明るく仕上げます。Tゾーン、ほお、あご先にハイライトで生命力あふれるオーラ感をプラスしましょう。

目元:眉山~眉尻をすっきり描き、知的な印象に。まぶたを明るく仕上げ、ダークブラウンのアイラインで目尻にメリハリ感を。

ほお:ピンクやモデレートレッドのほお紅で自然な血色感を与えます。奥行きを意識し、横顔まで美しく仕上げましょう。

口元:つやのあるモデレートレッドのリップで口角をすっきり描き、存在感を演出しましょう。

ベースメイク

ベースメイク

美しい肌づくりはファンデーションの塗り分けが重要です。明るく立体感のある仕上がりにしましょう。化粧下地は肌色を明るく整え、保湿効果の高いタイプが◎。ファンデーションは適度なつやとカバー力があるリキッドファンデーションがおすすめです。

① しっかりカバーゾーン:この部分をしっかりカバーすると、顔全体が明るく立体的に感じます。カバーされて均一感のある仕上がりにします。
② 適度にカバーゾーン:顔全体よりひと回り小さい卵型のゾーンです。表情の動きが多い目まわり、口まわり、皮脂の量が多く化粧くずれしやすいTゾーンは薄めに仕上げます。
③ なじませゾーン:額の生え際やフェイスラインは指に残ったごく少量のファンデーションで、外側にむかってなじませます。

※ムラがないか、生え際や首との境がぼかしてあるかを確認しましょう。

>>ファンデーション一覧はこちら

アイブロウ

アイブロウ

①眉頭は、目頭の真上
②眉山は、白目の外側が終わった真上
③眉の長さは、小鼻と目尻を結んだ延長線上まで
④眉頭と眉尻は、水平線上

ポイントは、眉山、眉尻まで意識した「品格と存在感のある眉」

ポイントは、眉山、眉尻まで意識した『品格と存在感のある眉』

眉頭はやや薄く、眉の中央が濃くなるように仕上がると、自然な印象になります。左右の形や濃さのバランスをチェックし、眉尻や眉がまばらな部分などに色ムラを感じたら、描き足しましょう。

アイライン

アイライン

短い線をつなげるように、まつ毛とまつ毛の間をしっかり埋めて描きます。まぶたの輪郭をはっきり際立たせることが大切なポイントです。

マスカラ

マスカラ

マスカラは瞳に光を取り込み、目を大きく輝かせてみせます。まつ毛の根元からブラシを左右に動かしながら、ていねいにつけましょう。

※まつ毛が少ない人は軽めのつけまつ毛もおすすめです。

ハイライト

ハイライト

立体感、存在感を高めるのにハイライトの効果は絶大です。顔に光を集め、肌を滑らかに演出して輝きを与えます。

POINT!

繊細な輝きのパール感を選ぶようにしましょう。ギラギラ、ピカピカの強い輝きの質感は、肌の状態によって、かえってしわや肌トラブルを目立たせてしまいます。肌に繊細な輝きを与え内側からあふれるようなオーラ感を演出しましょう。

チーク

チーク

血色感を与え、疲れた印象を生きいきとした印象に簡単に変化させます。たるみやくぼみなど少しずつ変化してきた顔の悩みやバランスにもとても効果的です。

基本の位置

鼻先と耳の中央を結ぶ真ん中の基点より、1cm程度上の位置をポイントにらせんを描くようにぼかします。このとき、奥行きまで意識するとさらに横顔も美しく印象づけます。

リップ

リップ

すっきりと口角の引き締まった口元は品格をあらわします。唇の輪郭がぼやけたり、くすんでいる場合はファンデーションやコンシーラーで軽く整えてから描きましょう。リップライナーを使用すると口紅が落ちにくく、さらに立体感も演出できます。

簡単にエレガンス度をアップできる「Executive Elegance」

エグゼクティブクラスはさまざまなパーティ、数多くの企業トップが集まる懇談会や会合へ出席する機会が増えるようになります。このようなフォーマルな社交の場において好印象を与え、幅広くコミュニケーションを図ることもエグゼクティブの役目です。とはいうものの、多忙を極めるエグゼクティブクラスの女性たちにゆっくり化粧を直して、美容院でヘアスタイルを直して...という時間はありません。そこで通常のエグゼクティブメイクから簡単にエレガンス度をアップできるメイクの秘訣と、バリエーションをご紹介します。

簡単にエレガンス度をアップできる「Executive Elegance」

「Executive elegance」へタッチアップ!

通常のエグゼクティブメイクからエレガンス度をアップするタッチアップのポイント
1.あでやかなリップで存在感をアップ!
2.パーツのメリハリ感をアップ!(アイライン、眉尻、口角)
3.繊細なパールのハイライトでオーラ感をアップ(ほお、Tゾーン、あご先、上唇の山)

アイメイクにポイントを置いた「Executive Elegance」のバリエーション

アイメイクにポイントを置いた「Executive Elegance」のバリエーション

POINT!

目元:眉山~眉尻をすっきり描き、知的に仕上げる。グレッシュブラウンのアイカラーとブラックのアイラインで深みと立体感で印象的な目元に仕上げる。

>>アイブロウ一覧はこちら
>>ブラウンの色味があるアイシャドウ一覧はこちら
>>アイラインは一覧こちら

ほお:奥行きを意識し、ピンクのチークで肌に明るさを与え、立体感で横顔まで美しく仕上げる。

>>チーク一覧はこちら

口元:肌なじみのよいつやのあるレッド系リップで、知的にすっきりと演出。

>>口紅一覧はこちら

個性を重視した「品格」あるメイクで、オーラ感が漂い、華やかさのある「存在感」を高めましょう!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
鎌田由美子

鎌田由美子

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト

ラグジュアリーなビューティーセンスで宣伝、広告CM、女性誌などで活躍。1992年にスタートした日本の古きよき伝統の創造と、和装と洋装が融合する京都を舞台にしたイベント「ファッションカンタータfrom KYOTO」では、ショーのヘア&メイクの総合監修を務めている。
https://hma.shiseidogroup.jp/kamada/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > エグゼクティブクラスにぴったり!品格と存在感のあるメイク