美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/04/19

【プロが伝授する化粧崩れ防止テク】朝の肌準備からベースメイク&お直しテクまで

【プロが伝授する化粧崩れ防止テク】朝の肌準備からベースメイク&お直しテクまで

ファンデーションのよれや崩れが気になるこの季節。お昼や夕方に鏡を見たら顔がテカテカだった...なんてこともありますよね。そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの廣瀬友理子さんに、化粧が崩れにくくなるスキンケア方法や外出先で化粧崩れを素早く直すテクニック、崩れ防止に役立つアイテムなど、化粧直し要らずの肌に導く方法を教えてもらいました!

<目次>

化粧崩れ防止には、「朝の下準備」が大切!

まずは、化粧崩れしにくい肌のつくり方をご紹介します。ポイントは、朝のスキンケア&ベースメイクにあり! 下記の4点を意識するだけで、崩れを抑えることができますよ。

朝の肌準備 4つのポイント

1. 洗顔料を使い、寝ている間の皮脂汚れをしっかりと落とす

朝は水だけの洗顔で済ませる方もいるかもしれませんが、実は寝ている間の汗や皮脂で、肌は汚れています。スキンケアやメイクの前に汚れをしっかりと落として、素肌の状態を整えることが大切ですよ。

\おすすめ洗顔料はこちら/

サラサラで爽やかな素肌に洗い上げる「洗顔フォーム」

肌に必要なうるおいは残しつつ、毛穴汚れや皮脂、古くなった角質をしっかり落とす洗顔料。寝ている間の汚れもさっぱりと洗い流してくれます。

 

2. スキンケアを肌にきちんとなじませる

朝は忙しく、スキンケアもつい急いでしまいがち。でも、化粧崩れを防止するためには、化粧水や乳液をていねいになじませ、きちんと肌にフィットさせることが重要です。化粧水のうるおいが肌にしっかりといきわたってから、次のステップの乳液をつけます。こうして肌の状態を整えることで、化粧直しの手間がだいぶ省けますよ!

\おすすめの化粧水&乳液はこちら/

ベタつかずに水分たっぷりの肌に整える「化粧水」

皮脂と水分のバランスを保つ「スキンバランス処方」で、毛穴やベタつきの目立たない肌に導きます。心地よくケアが行える、みずみずしいテクスチャーも◎!

 

テカリを抑えて毛穴を自然にカバーする朝用の「乳液」

おしろい効果でテカリを抑え、化粧崩れしにくい肌に導く朝用乳液です。化粧下地効果も備わっているので乳液と下地がこれ1つで完了し、メイク時間の短縮にも!

 

3. 崩れにくいベースメイクアイテムを選ぶ

オイルフリーのファンデーションや、化粧もち(テカり・皮脂くずれ・毛穴落ち・よれ・薄れ)が何時間持続するのかを調べた下地もあるので、崩れにくいベースメイクアイテムを取り入れるのも◎です。マスクによる崩れが気になる場合は、マスクへの付着を抑える効果があるファンデーションや、パウダーファンデーションを使用するのがおすすめですよ。

\おすすめのベースメイクアイテムはこちら/

テカリを防いでで崩れにくい肌に整える「化粧下地」

13時間化粧もち(テカり・皮脂くずれ・毛穴落ち・よれ・薄れ)データ取得済み。過剰な汗や皮脂を吸収し毛穴やテカリの目立たない肌に導きます。さらにかさつきも防ぐので、うるおった肌・サラサラ肌が長時間続きます。

 

オイルフリーでテカリを防ぐ「ファンデーション」

オイルフリーなので崩れにくく、化粧直しの手間がかからないファンデーションです。気になる部分を自然にしっかりカバーし、ナチュラルマットな肌に整えます。

 

マスク付着をガードして肌色コントロールする「BBクリーム」

世界初の成分アプローチにより、マスクへの付着をガード。薄づきなのに毛穴・色ムラをカバーし、スキンケア直後のようなうるおいツヤ肌が叶います。

 

4. メイクを固定する効果のあるミストで化粧崩れを防止

メイクが完成したら、仕上げにメイクを固定する効果のあるミストを吹きかけるのがおすすめです。化粧崩れ防止に役立ちますよ。

\おすすめのミストはこちら/

ファンデが密着する!「化粧もちミスト」

メイク後にひと吹きするだけで、長時間メイクをキープ! ファンデの密着を高めながら、うるおったようなつや感で、キレイな素肌が続きます。ベースメイクの崩れだけでなく、眉・チークの薄れも防ぎます。

 

それでも崩れてしまったら...。プロ直伝の化粧直しテクを実践!

スキンケアやベースメイクで対策をしていても、厳しい暑さや湿気でメイクが崩れてしまうこともありますよね。そんな時は、下記の方法で化粧直しするのがおすすめです!

プロ直伝の化粧直しテク

1. よれたファンデーションや皮脂など崩れている部分にティッシュやあぶらとり紙を当て、軽く押さえるようにしながらやさしくティッシュオフしましょう。

2. テカリ補正効果のある部分用下地を指に取り、小鼻など皮脂が気になる部分にくるくるとなじませて。その後にファンデーションを塗れば、つけたてのようなつるんとした肌にお直しできます。

\化粧直しにお役立ちのアイテムはこちら/

余分な皮脂をしっかり吸着する「あぶらとり紙」

天然パルプ100%で余分な皮脂をすっきり吸収。取り出しやすいプルポップタイプなので、化粧直しの際にもパッと使えて便利です。


ご紹介したスキンケア&ベースメイクのポイントや化粧直しテクを取り入れて、化粧崩れ知らずの美肌をキープしてくださいね!


[あわせて読みたい記事]

>>【化粧崩れ対策】眉なしやファンデの毛穴落ち、パンダ目を阻止!プロが教える簡単仕込みテク&アイテム
>>【夏のベースメイクテク&おすすめアイテム6選】テカリ・ベタつき・化粧崩れ知らずの肌に!



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:鈴木花美 model:濱田あおい

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

【こちらもおすすめ】

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
廣瀬友理子

廣瀬友理子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、国内ファッションショーや雑誌・テレビ撮影などのヘアメイクを中心に活動。資生堂「マキアージュ」の商品開発・ソフト情報の作成にも携わる。
http://hma.shiseidogroup.jp/hirose/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【プロが伝授する化粧崩れ防止テク】朝の肌準備からベースメイク&お直しテクまで