美容の情報

キレイのためのレシピ

あなたの肌悩みは? 効果的な食の知恵をお伝えします!

  • 肌荒れ・乾燥肌
  • ハリのなさ
  • 毛穴
  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • クマ
  • 大人のニキビ
  • 敏感肌
  • 年齢サインも気になる

身体が喜ぶレシピ

身体の不調、食で改善できることがたくさんありますよ!

  • 冷え
  • 肩こり
  • むくみ
  • 便秘

今月のおすすめ食材

七草がゆイラスト

1月 七草がゆ

澄みきった気持ちで、新しい年のスタート! とは言え、胃腸がお疲れ…という声もちらほら。さあ、七草粥の出番ですよ。七草とは「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」のこと。薬草を食べることで1年の無病息災を願います。古来より、七草の強い生命力にあやかり、長生きができると考えられたようです。消化吸収がいい七草粥は、疲れた胃腸に優しいので「1月7日に七草粥」は理にかなっています。普段の食卓でも、胃腸の疲れを感じた時に「青菜の入ったお粥を食べる」という古くからの知恵は、活かしたいものですね。

※表を縦にスライドしてご覧ください。

おすすめ食材 かさつき ハリ くすみ 冷え 肩こり
せり
古来より、健胃生薬と言われている。解毒作用も。
なずな
鉄を含むので、貧血の方に。肝臓にも◎
ごぎょう
咳を鎮める作用があるので、風邪や気管支炎に。
はこべら
消化作用、健胃、整腸作用あり。
ほとけのざ
健胃、整腸作用・高血圧予防に効果的。
すずな(かぶ)
根には消化酵素やビタミンC、葉にはカロテンやビタミンCが豊富。
すずしろ(大根)
根には消化酵素やビタミンC、葉にはカロテンや食物繊維が豊富。
春菊
ほうれん草に匹敵するカロテン量。ターンオーバーや粘膜強化に◎
菜の花
美肌に必須のビタミンB群やC・Eが豊富。
貧血予防や免疫力アップも。
カリフラワー
皮膚や粘膜を健康に保つ美容ビタミン(ビタミンB2)を含む。
ブロッコリー
皮膚や粘膜を強化、細胞を正しく機能させるα-リノレン酸を含む。
オレンジ
ビタミンCはもちろんのこと、カロテンも多く、シミ対策にも。
みかん
すじや薄皮ごと食べると、整腸作用、毛細血管の強化にも。
いよかん
果肉にビタミンCが豊富。
あんこう
「東のあんこう、西のふぐ」とも呼ばれる冬の味覚の代表。
高タンパク・低カロリー。皮はコラーゲンたっぷり。
ふぐ
「東のあんこう、西のふぐ」とも呼ばれる冬の味覚の代表。
高タンパク・低カロリー。皮はコラーゲンたっぷり。
金目鯛
脂質の多い白身魚で、肌のうるおいキープに◎
わかさぎ
肌のキメを整え、ツヤ・なめらかさをアップ。老化防止効果も!
ぶり
美肌のためのビタミンが豊富。アラ煮にはコラーゲンたっぷり。
甘えび
血行促進や抗酸化のビタミンEが多い。オメガ3のDHAやEPAも。
イイダコ
ビタミンEを含むので、冷えや血行障害からくる肩コリに◎
真牡蠣
タンパク質、ビタミン、ミネラル豊富。亜鉛は皮膚の再生促進。
しじみ
たっぷりのオルニチンが、肌の生まれ変わりを整える。
とうふ
大豆イソフラボンが女性の強い味方!
あずき
カリウムと食物繊維が多いので、むくみと便秘に効果的。