美容の情報

2018/07/13

【専門家監修】シミなんてつくらない! 美白に効果的な食べ物と取り方のコツ

【専門家監修】シミなんてつくらない! 美白に効果的な食べ物と取り方のコツ

シミ予防の基本といえば、UVケア。1年を通して日焼け止めを塗るのは、明るい美肌のためにとても大切なことです。しかし、それだけでは不安な方も多いはず。美白効果のある食べ物を取り入れて、明るく澄んだ美肌をキープしましょう!

内側からの美白ケアをサポートするビタミンCとビタミンA

ビタミンが豊富に含まれた野菜や果実を凝縮したかのようなビタミンのサプリメント

数ある栄養素の中でも、美白ケアのために積極的に摂取したいのが、ビタミンCとビタミンAです。

美容のビタミンとして広く知られるビタミンCは、シミの元であるメラニンの沈着を抑え、メラニン色素を還元してシミを薄くするはたらきがあると言われています。

ビタミンAは、新陳代謝を促して肌のターンオーバーを促進。メラニンを排出させる効果が期待できます。

ビタミン摂取は食生活の見直しから

手軽にビタミンを摂取できるサプリメントも良いですが、まずは普段の食事から意識的にビタミンをとることを心がけましょう。複数の野菜や果物を食べて、食物繊維や他のビタミン類も一緒にとるのがポイントです。さらに、肌をつくる材料となる肉、魚、卵などのタンパク質もとってくださいね。

毎日の習慣に!ビタミンCとビタミンAを効率的に摂取できる食事法

肌の健康を意識してビタミン豊富な野菜を嬉しそうに食べる女性

ビタミンCは熱に弱いため、「生のまま摂取する」のがおすすめ。レモンに多く含まれているイメージが強いビタミンCですが、他にも柿、キウイ、イチゴ、ネーブル、パプリカ、ミニトマト、キャベツなどに多く含まれています。

また、ビタミンCは水溶性のため、必要以上に摂取すると尿とともに排出される性質があります。一度にたくさんとるのではなく、1日数回に分けてとることを心がけましょう。

ビタミンAは、鶏レバー、うなぎ、人参、春菊、ほうれん草、ニラ、小松菜などに多く含まれています。ビタミンCと比べて外に排出されにくい栄養素なので、多少はとりだめが可能です。

シミができる前から始めよう!毎日のスキンケアでつややかな美肌に

スキンケアに励む女性

美白ケアのために、日焼け止めによるUVケアと栄養バランスのとれた食生活はもちろん大切ですが、それだけではシミを防ぎきれないことも。

今は目に見えるシミがなくても、肌の奥深くにメラニンが潜んでいるかもしれません。少しずつ浴びてきた紫外線によってメラニンが蓄積されていき、突然シミとなって肌に現れてしまうことがあります。

年齢を重ねてもシミのない美肌を目指し、美白有効成分配合の薬用化粧品でシミ予防を始めましょう!

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
スキンケア大学

スキンケア大学

スキンケア大学では、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、
信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案します。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報