美容の情報

2019/03/25

エラ張りはポイントメイクで目立たせない!小顔を叶える立体感メイクのやり方

エラ張りはポイントメイクで目立たせない!小顔を叶える立体感メイクのやり方

顔立ちがベース型でエラが目立つから、顔が大きく見えてしまう...と気にしている人もいるのでは。エラをカバーするというとシェーディング&ハイライトで陰影をつけるテクが一般的です。でもそれに加え、目線が輪郭ではなくポイントメイクに集中するよう工夫をすることで、エラを目立たせなくすることができるんです! 今回は、気になるエラをカバーしてすっきり小顔に見せるメイクテクニックを、ヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんに教えてもらいました。

エラ張りさんメイクのポイント

・ポイント① ポイントメイクで縦幅を強調する

エラ張りさんの特徴は、顔の横幅に対して縦幅が短いこと。そのため、ポイントメイクで顔の縦幅を強調してあげると、横幅の広さがカバーされ、エラも目立ちにくくなるんです。

・ポイント② シェーディング&ハイライトで立体感を演出する

縦幅を強調することに加え、立体感を演出することも大切。のっぺりと平面的に見えてしまうと横幅が余計に目立ってしまうんですよ。シェーディング&ハイライトで顔全体を立体的に見せるだけでなく、パーツメイクも立体的に見せるのが◎

エラ張りさんメイクHOWTO

ポイントメイクにシェーディング&ハイライト。それぞれにコツがあるので、しっかりチェックしてくださいね!

ポイントメイク

ポイントメイク

・眉

眉山をしっかりつくり、さらに太めに描くことで、顔の縦幅強調&立体感を叶えることができます。さらに、眉尻は眉頭より下がり過ぎない程度で、いつもより少しだけ長めに描くと、顔の横幅を短く見せることができるのでより効果的。

アーティストおすすめアイブロウ「資生堂 ブロウインクトリオ 03」

資生堂 ブロウインクトリオ 03

ペンシルとパウダー、さらにスクリューブラシもついたアイブロウで、立体的な眉毛もこれ1本でOK♪

・アイシャドウ

エラ張りさんは、こめかみなど顔のサイド部分が広いため、アイメイクでこの余白を埋めることが大切。アイシャドウをブラシにとったら、まず目尻側にブラシを置き、そこからアイホール全体になじませます。さらに、まぶたの中央にはあまり濃い色をのせないようにすると、立体感を演出できますよ。目尻側が濃くなるように仕上げることで顔のサイド部分の余白を埋めることができます。

アーティストおすすめアイシャドウ「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303」

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303

肌なじみのいいブラウンが使いやすいアイシャドウパレット。アイホール全体に広めになじませても、濃くなりすぎないのが◎

・アイライン

目尻にだけ太め&長めにアイラインを引きましょう。アイシャドウもアイラインも目尻を長めに仕上げることで、サイドの余白が埋まり顔の横幅をキュッと短く見せられますよ。

アーティストおすすめアイライナー「資生堂 マイクロライナーインク 01」

資生堂 マイクロライナーインク 01

極細の軸先で、どんな繊細ラインも描きやすいアイライナー。アイラインを長めに仕上げても、やりすぎ感が出にくいですよ。

チーク

チーク

血色感よりも立体感を優先したいので、肌なじみの良い色みをセレクト。鼻先と耳の真ん中をつないだ線のちょうど真ん中からつけ始め、斜めの楕円形になじませることで、引き締まった顔印象にすることができます。

チーク

チークをほおの内側(青いL字よりも内側)まで入れてしまうと顔の縦幅が短く見え、エラがカバーされないので気をつけましょう。

アーティストおすすめチーク「マキアージュ チークカラー RD312」

マキアージュ チークカラー RD312

ゴールドニュアンスの輝きでつややかな発色が持続するチークカラー。RD312は顔が暗くならず鮮やかすぎない、絶妙なカラーリングです。

リップ

リップ

リップは淡い色をセレクトし、輪郭をぼかして塗るのがポイント。輪郭がくっきりしたり濃い色を塗ったりすると、あごの余白が強調されるのでNGです。

アーティストおすすめリップ「マキアージュ ドラマティックルージュEX PK333」

マキアージュ ドラマティックルージュEX PK333

シェーディング&ハイライト

シェーディング&ハイライト

・シェーディング

シェーディングを使う前に、フェイスパウダーをエラ~あご先に薄くつけ、肌をサラサラにしましょう。こうすることでシェーディングが濃くつきすぎたりムラになったりするのを防げます。次に、肌より2トーンほど暗いシェーディングパウダーをブラシにとり、エラの1番出っ張っている部分から、顔の内側に向かって放射状になじませます。フェイスラインに均一にシェーディングを入れてしまうとわざとらしい仕上がりになってしまうので、気になるエラの部分が1番濃くなるように入れるのが効果的&失敗しにくくて◎。

シェーディング

・ハイライト

最後にツヤ感の出るハイライトをブラシにとり、目の下の三角ゾーンと鼻筋に入れて立体感を演出します。三角ゾーンに入れる際は、縦長の三角形をイメージすると、顔の縦幅を強調することができますよ。

・おすすめシェーディング&ハイライトアイテム
これ1枚で立体フェイス♪ 「ローラ メルシエ シマーブロック 02

ローラ メルシエ シマーブロック 02

シェーディングカラーとハイライトカラーが1つになったフェイスカラー。パールは、白くなり過ぎたり、メタリックになり過ぎることのない絶妙な質感で、ナチュラルなツヤ肌を演出してくれます。今回は、上のダークブラウンをシェーディングに、下のライトカラーをハイライトとして使用しました。

気になるエラ張りは、シェーディングだけでなく、ポイントメイクでもカバーすることができるんです。プロならではのテクニックを参考に、お悩みを解消してくださいね。


photo:鈴木花美 model:黒口なつ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報