美容の情報

2019/02/18

濃く塗る部分を変えるだけで印象激変!ブラウンアイシャドウの塗り方3パターン

濃く塗る部分を変えるだけで印象激変!ブラウンアイシャドウの塗り方3パターン

「誰でもひとつは持っている」といっても過言ではない定番コスメ、ブラウンアイシャドウ。でも、いつも同じ塗り方になってしまいマンネリを感じている人も多いのでは? 実は濃く塗る部分を変えるだけで、キュートで可愛い顔から美人で大人っぽい顔まで、違った印象のメイクを楽しめるんです。今回はヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんに、詳しいメイクテクを教えてもらいました。

ブラウンアイシャドウの塗り方1 目頭濃いめで可愛いさアップ

可愛らしいメイクを楽しみたい時は、顔の中心に色味を感じさせるようにするのがコツ。そのため、目頭側を濃く、目尻側を薄く仕上げるのが◎です。

目頭濃いめのメイクHOWTO

目頭濃いめのメイクHOWTO

ブラウンアイシャドウを指にとり、目頭側から目尻に向かってなじませます。色みがアイホール全体に広がるように、何度か重ね塗りしましょう。

ブラウンアイシャドウの塗り方2 目尻濃いめで色っぽ顔に

先ほどとは逆に、目尻を濃く目頭側を薄くすると、大人っぽさや色っぽさを表現できます。目幅が横に広がって見えるので、切れ長ですっきりした印象になりますよ。

目尻濃いめのメイクHOWTO

目尻濃いめのメイクHOWTO

ブラウンアイシャドウを指にとり、目尻から目頭に向かってなじませます。目尻側を少し広めに塗ると、切れ長感がアップして美人度がより高まります。

ブラウンアイシャドウの塗り方3 下まぶた濃いめでおしゃれ顔に

あえて下まぶたにアイシャドウを濃く塗ることで、今っぽさのあるおしゃれな雰囲気に。また、目の縦幅が強調されるので、デカ目効果にもつながります。

下まぶた濃いめのメイクHOWTO

下まぶた濃いめのメイクHOWTO

・下まぶた
細めのチップにダークブラウンのアイシャドウをとり、下まぶたの目のキワギリギリの部分に細くなじませます。次に、明るめのブラウンアイシャドウを太いチップにとり、涙袋部分にON。キワが濃く涙袋部分が明るくなることで下まぶたに陰影が生まれ、深みのある目元に。

・上まぶた
涙袋に使った明るめのブラウンアイシャドウをブラシにとり、ワイパーのように左右に動かしながら、目のキワからアイホールに向かってなじませましょう。

アーティストおすすめブラウンアイシャドウ

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303

使いやすい3色のブラウンにくわえ、アイシャドウベースと繊細に輝くラメがセットされたパレットです。瞳の色になじむ溶け込み効果で目元を自然に大きく見せ、女性らしさを格上げ。今回のメイクでは、下段中央と右のブラウンを使用しました。

同じ色を使っても、塗り方を少し変えるだけで雰囲気をガラッと変えられるんです。ブラウンアイシャドウを使い倒して、毎日のメイクをもっと楽しんでくださいね♪

【使用商品】
マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303

photo:鈴木花美 model:阿島ゆめ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報