美容の情報

2019/01/21

【敏感肌対策レシピ】混ぜて焼くだけ♪納豆&アボカドのチーズ焼きでバリア機能UP !

【敏感肌対策レシピ】混ぜて焼くだけ♪納豆&アボカドのチーズ焼きでバリア機能UP !

かさついたりベタついたり、環境や時期によって肌が変化するからケアが大変! そんな敏感肌さんのために、栄養たっぷりのレシピをご紹介します。身体の内側から肌の調子を整えて、未来の自分を助けてあげましょう!

敏感肌対策に! 栄養素のポイントはコレ!

1. D-アミノ酸

肌のバリア機能・保湿機能を高めてくれるD-アミノ酸。納豆・ヨーグルト・チーズ(パルミジャーノレッジャーノ)などの発酵食品や、アボカド・トマト・バナナなどに多く含まれるのですが、今回は贅沢にも(?)納豆とアボカドをダブルで使用!! 肌の乾燥やシワを防いでくれるD-アミノ酸はみんなの味方です。

2. ビタミンB6

鮭・アボカドにはビタミンB6が多く含まれています。これには過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあるので、肌のベタつきに効果的! 特に肌が荒れがちな生理前、実は体内のビタミンB6が不足しがちなんだとか。この時期は鮭・アボカド以外にも、まぐろの赤身・鶏のささみ・鶏のむね肉・バナナなどを積極的に摂取しましょう。

敏感肌対策! 混ぜて焼くだけ♪ 納豆&アボカドのチーズ焼き

納豆&アボカドのチーズ焼きの材料

<材料>

<つくり方>

1. アボカドを半分にカットし、スプーンで実をくり抜いてボウルに出して潰す。
2. 納豆、添付のタレ、鮭フレーク、マヨネーズを潰したアボカドと混ぜ合わせる。
3. 実を取り出したアボカドに2で混ぜ合わせたものを詰め、とろけるチーズを半分ずつのせて、200度で予熱したオーブンで10分焼く。(もしくは、チーズをのせる前に電子レンジで2~3分加熱してから、その後チーズをのせてオーブンで焦げ目が付くまで焼く!)
4. パセリまたは青のりを振れば完成♪

栄養たっぷりの今回のレシピは、お子さんのおやつや旦那さんのおつまみにも♪ また、見た目も可愛いので、おもてなし料理にも向いています。アボカドと納豆は殿堂入りの万能食材! これからもどんどん活用していきたいなー!

お話を伺ったのは...
小鳥遊しほさん
イラストレーター、フードコーディネーター、モデルとして活躍。美容師免許・調理師免許・ダイエット検定1級をもつ。雑誌やネットコラムの連載、LINEスタンプをはじめ、アパレルブランドとのコラボやトークイベントの出演など幅広く活動。著書「くまっているのはボクなのに。一問一頭」(KADOKAWA/中経出版)が好評発売中。Twitter:@SHIHOtakanashi Instagram:@shihotakanashi

illustration&photo:小鳥遊しほ

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報