美容の情報

2018/10/02

脇汗・ニオイを抑えたい!脇汗の原因とおすすめ脇汗対策

脇汗・ニオイを抑えたい!脇汗の原因とおすすめ脇汗対策

お気に入りの服を着る時、脇汗や汗ジミ、ニオイを気にせず颯爽とすごしたいですよね。脇汗・ニオイ対策のポイントは、「汗を抑える」「ニオイ菌を殺菌する」「汗のニオイを消す」の3点。まずは脇汗の原因を知って、効果的に対策しましょう。

気になる脇汗とニオイの原因とは

私たちが汗をかくのは、主に体温の調節をするため。暑くなったり運動したりすると汗を大量に分泌し、皮ふの表面から蒸散する時の気化熱を利用して、上昇した体温を下げています。

また気温や運動とは関係なく、精神的に緊張を感じた時にかく汗もあります。脇の下や手のひら、足の裏などに多量の発汗がみられます。そのほか、辛いものやすっぱいものを食べた時にかく汗もあります。

脇汗を大量にかいた時、「もしかしたらワキガなのかも?」と思ったことがある人はいませんか? ですが、脇汗とワキガは別物なんですよ。汗を出す線(汗腺)にはエクリン腺とアポクリン腺があり、分布する部位やニオイに違いがあります。

ワキガ臭発生の原因

エクリン腺

体温調節の役割が大きく、体のいたるところに分布している汗腺です。エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分。さらっとしていて、ほぼ無臭です。

アポクリン腺

毛穴に付随している汗腺で、脇の下や耳、陰部、乳輪、おへそなど、限られた部位に集中しているのが特徴。アポクリン腺から分泌される汗には、少量のタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれています。汗そのものは無臭ですが、タンパク質が皮ふの上のニオイ菌によって分解されると、ワキガ特有のニオイを発してしまいます。

脇汗の対策方法とは

汗をかいた時は、ニオイ菌が繁殖してニオイを発する前に、すぐにふき取ってしまいましょう。またアポクリン腺が多い部位は、毎日ボディソープや石けんを使って洗い、常に清潔に保ってくださいね。

外出先でなかなか汗が止まらない! という時は、手首や足の裏、ひざの裏を冷やすのがおすすめ。血管を冷やすことで、皮ふ温が下がりやすくなりますよ。

保冷剤をタオルなどにくるんで冷やす方法もありますが、合わせて使用したいのが、汗ふきシート。ひんやりした感触を味わいながら、汗やベタつき、汚れやニオイ菌まで拭き取ることができます。

汗を拭きながらクールな爽快感!

エージーデオ24 クリアシャワーラージシート Na (クール)

冷涼感が魅力の汗拭きシート。凸凹のあるメッシュ構造のシートが、全身の汗やベタつき汚れをオフします。銀含有アパタイト(さらさらパウダー)配合で、拭き取り後の肌をさらさら快適に。

汗取りパッドで汗を吸収

お気にいりの洋服を脇汗や黄ばみから守りたい時は、汗取りパッドを使用するのも手。衣類にパットを貼り付けて汗を吸収します。抗菌や消臭加工が施されているタイプもありますよ。

脇汗を抑える制汗剤の選び方

「汗はこまめに拭いたほうがよい」といっても、外出先ではそうはいかないケースがありますよね。また汗取りパッドは、服の袖からはみ出してしまう場合もあるでしょう。

いつでもどこでも頼りになるのは、脇汗もニオイも同時にケアできるデオドラント剤! 外出前のひと手間で、快適に過ごせますよ。スプレーやロールオンなどのタイプがあるので、求める効果や使用シーンに合わせて選びましょう。市販のデオドラント剤には、発汗を抑える制汗成分などが配合されたものがあります。

ニオイ菌を集中殺菌!消臭プラス

エージーデオ24 プレミアム デオドラントスプレー (無香料) (医薬部外品)

高密度・高密着を両立したプレミアム処方のデオドラントスプレーです。ニオイの原因「ニオイ菌」を殺菌する有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)を配合。消臭プラスクロルヒドロキシアルミニウム・酸化亜鉛で、気になる汗のニオイや体臭をしっかりと防ぎます。パウダーを配合しているので、肌をさらさらに保ち、快適な使い心地。ナチュラルなボタニカルの香りと無香料から選べます。

いつでもどこでもワキ肌快適ケア

エージーデオ24 デオドラントロールオンEX (医薬部外品)

ワキの汗ジミ悩みに効果的な、直塗りできる速乾ロールオン。汗を抑える有効成分「焼ミョウバン」が発汗を抑え、パウダーが肌をさらさらに保ちます。ニオイ菌を殺菌する有効成分「IPMP*」も配合。さっとひと塗りできてすぐ乾くので、忙しい朝や外出先でも簡単に使えますよ。
*有効成分:IPMP(イソプロピルメチルフェノール)

シーン別! 制汗剤の効果的な使い方

シーン別! 制汗剤の効果的な使い方

汗をかくシーンは、運動中や気温が高い日とは限りませんよね。TPOに合わせて、デオドラントを効果的に使い分けてみませんか?

朝起きた時のびっしょり寝汗

寝苦しい熱帯夜はもちろん、ドキドキする夢を見て寝汗をびっしょりかいた日の朝...。「シャワーを浴びたいけど時間がない」という時は、汗拭きシートが便利ですよ。全身をさっぱりさせて、シャキッとした1日をスタート!

満員電車やバスの中でかくじわじわ汗

出勤前やお出かけ前には、汗もニオイも抑えるロールオンや、スティックタイプのデオドラントをひと塗り。至近距離でも周りの目を気にせず、涼やかに乗り切りましょう!

夜にはなかったことにしたい日中の汗

女子会やデートなどの予定があるアフター5は、日中の汗のニオイをすばやくケア! ケアしながらほのかな香りが続く、デオドラントスプレーがおすすめです。さらさら肌をキープして、ニオイを気にせずプライベートタイムを楽しんでくださいね。

エージーデオ24 プレミアム デオドラントスプレー (フレグランス) (医薬部外品)

脇汗を予防する生活習慣

汗を抑える、ニオイ菌を殺菌する、汗のニオイを消すといったデオドラント製品でのケアに加え、ニオイを予防する生活習慣も取り入れてみましょう。健康的な身体づくりにも役立ちますよ。

有酸素運動を習慣にする

軽めの有酸素運動を習慣にして血行がよい状態を保っていると、においにくい良い汗をかきやすくなります。ウォーキングやサイクリング、水泳など、無理なく続けやすい運動を始めてみませんか?

動物性脂肪は控えめに

肉やバターなどに含まれる動物性脂肪は、皮脂腺やアポクリン腺のはたらきを活発に。摂りすぎに心あたりがある人は、
・バターの代わりにオリーブオイルを使う
・主菜の肉を減らし、卵や豆腐の副菜をつける
など工夫してみましょう。

ストレスはこまめに発散

精神的なストレスは発汗の原因のひとつ。ニオイを強くする一因にもなります。自分が好きなことをして過ごし、こまめな発散を心がけたいですね。

生活に支障がでるほどの汗は「多汗症」の可能性も

全身または身体の一部に、過剰に汗をかいてしまう多汗症。生活に支障がでるほどの汗をかく時は、皮膚科の受診を検討してみましょう。

体温を一定に保つ大切な働きをしている汗ですが、脇汗やニオイを気にせず快適にすごしたいですよね。肌を毎日清潔に保ち、汗をかいたらこまめにオフ!デオドラント製品も上手に活用して、触れても近づいてもOKなサラサラ肌をキープしましょう。

photo:PIXTA
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報