美容の情報

2018/10/01

【10月の肌】キレイな人は知っている!?肌色が変わりやすい秋の肌ケアって?

【10月の肌】キレイな人は知っている!?肌色が変わりやすい秋の肌ケアって?

気候が安定し、過ごしやすくなる10月がやってきました。スポーツや旅行などを計画していたり、ファッショントレンドが気になったりする人も多いのでは?

そこで問題! 肌にもたらす10月の環境(湿度・温度・紫外線)についてあなたはどれだけご存知ですか? 9月までとは全く違う季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

肌色の変化、気になりませんか? 使うアイテムを見直すタイミングかも

9月はまだ夏の名残があったのに対し、10月はぐっと気温が下がり、まさに秋を感じられるようになります。一方、夏の間に受けた紫外線の影響はまだまだ続いていて、それが原因となって日焼けやシミ・そばかす、くすみが気になり始める頃。肌色や肌状態をチェックしてみましょう。

2017年の年間平均気温

出典:気象庁 過去の気象データ

10月の肌にこんなこと感じませんか?

「肌は秋に1つ年を取る」なんて言われることもあるくらい、肌の調子が変わりやすい時季。きめが乱れて透明感のなさが気になってしまったり、メラニンが蓄積してシミ・そばかすが目立ってしまったりします。また、気温の変化に伴って、血流が低下し血色が悪くなり、くすんで見えてしまうことも...。

色相

資生堂調べ

メラニン量と紫外線の年間変動

資生堂調べ

この時期のケア3か条

肌色に合わせたベースメイクをチョイス

肌色の変化を感じやすいこの時期は、肌状態や肌色に合わせて最適なベースメイクを使うことが大切。シミ・くまが気になるならナチュラルベージュ、ニキビ跡などの赤みが気になるならブルーグリーン、くすみや血色感が気になるならベビーピンクなど、自分の肌に合わせて下地を選んでみてくださいね。ファンデーションの仕上がりが変わってくるはず。

>>肌荒れケアもできる、3色の化粧下地はこちら

化粧水は、季節によって切り替えると◎

秋になっても、夏の紫外線ダメージによる肌の乾燥は続いています。乾燥がより進む冬を迎える前に、ここで一度うるおいケアを見直してみましょう。肌の変化に合わせて、化粧水を切り替えるのもおすすめです。

>>化粧水一覧はこちら

化粧水をより効果的につける方法

化粧水の効果を最大限引き出すには、つけ方も大切。化粧水を手でつける方も多いと思いますが、実はコットンを使うと、顔全体にムラなく均一に化粧水をなじませることができます。コットンを使ったことがない人は、ぜひ試してみて。

>>肌の水分量が1.5倍に!?「コットン」を使った化粧水のつけ方

スマホで簡単に肌測定ができる「肌パシャ」アプリも試してみて! 日々変化する気温・紫外線・湿度も毎日教えてくれますよ。テクノロジーの力で、自分の肌を知り、あなただけのアドバイスが届く...その習慣がきっと、美肌へと近づけてくれるはず♪

さぁ、キレイの秘訣を知ったら、自信に満ちた肌とおでかけしましょう♪

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報