美容の情報

2018/07/23

【皮膚科医に聞く】虫刺されを跡に残さない!刺された後の正しいケア法

【皮膚科医に聞く】虫刺されを跡に残さない!刺された後の正しいケア法

アウトドアで、寝ている間に、と夏に多い「虫刺され」。かゆさに負けて、ついかいてしまい色素沈着を起こしてしまった...という経験はありませんか? しかも、大人の虫刺され跡ってなかなか治りにくいですよね。そこで、虫刺されの跡を残さないための正しい対処法を、東松原皮フ科の水野惇子先生に教えていただきました。

虫刺され跡はなぜ消えにくい?

虫に刺された後、かゆいのはもちろん、かきすぎて跡に残り、その跡が消えない...なんていうこと、思いあたる方も多いのでは? 虫刺されの跡はなぜ消えにくいのでしょうか?
「虫刺されぐらい...という軽い気持ちが、結果的に治りを遅くして症状をさらに悪化させてしまうことも」と、水野先生。しかも「かゆい→かく」を繰り返しているうちに、爪などでひっかき傷ができ、そこから二次的な細菌感染や炎症を伴い、色素沈着が起きてしまうことに。この悪循環の結果として、「跡」が残ってしまうケースが多いのだとか。

虫刺され跡を残さないために! 知っておきたい虫別の対処法

虫刺されというと「蚊」をイメージしがちですが、夏はブヨなど他にもいろいろな虫に刺されるもの。水野先生によると「虫の種類によって刺された後の対処法が違う」のだとか! 虫刺され跡を残さないためには、虫に刺された後のケアが大切。そこで虫別の対処法をチェックしましょう。

●蚊

悪化させないためには、患部を清潔にした後、市販の虫刺され薬を早めに塗りましょう。炎症が強く目立つ時は、ステロイド外用薬を専門医に処方してもらうのも◎。

●ブヨ

吸血によって皮ふ炎を起こします。うっ血している個所を狙って吸血することが多く、靴下を履いているとひざ下~靴下のゴムで圧迫された部分の皮ふを刺される場合がほとんど。患部はきれいな水などで洗い流し、冷しましょう。激しく動きまわるのも控えた方が◎。抗ヒスタミン薬や強めのステロイド外用薬を処方してもらい早めのケアを。

●アブ

ブヨと同じく、吸血タイプ。刺された直後に非常に強い痛みと出血斑が見られます。徐々に赤く腫れて、強いかゆみを伴います。刺された後の対処法はブヨの場合と同じです。

●ノミ

吸血タイプでかゆみが強く、かきすぎて"とびひ"にいたるケースも。ステロイド外用薬がよく効きますが、症状の程度に合わせて外用薬の強さを判定する必要があるので、自分で判断が難しい場合は専門医に相談を。

虫に刺されたら、まず患部を水などで洗い流すなど清潔にし、適切な薬を早めに塗布することが、自分でできる最も簡単な対処法です。どの虫に刺された場合でも症状がひどい時は、速やかに病院へ行きましょう。

虫に刺されたら絶対にやってはいけないこと3つ

虫に刺されたら"やってはいけないこと"があります。かゆみや痛みの症状を早く抑えて、跡を残さないために避けておきたいのはこの3つ。

もしも顔を刺された場合、メイクをしてもいいのかも女性なら気になるところ。水野先生によると「患部に強い炎症がなければ、いつのもメイクでOKです」とのこと。また、虫さされ跡が気になるなら、肌に優しい処方のコンシーラーを取り入れるのもおすすめだそうです。

虫に刺されそうな場所へ行く時は、なるべく素肌を出さない服装を心がけることも大切ですよ。虫刺され跡を残さないためにも虫を近づけない対策もお忘れなく!

虫を寄せつけない! おすすめアイテム

イハダ アウトドアスクリーン(50mL)

香りのバリアで虫を寄せつけない衣類空間用スプレー。ディート無配合で虫の嫌がる天然精油(ユーカリ油、ゼラニウム油、ハッカ油)の香りでガードします。天然温泉水やローズマリー葉油、サトウキビ由来のアルコールなど天然由来の成分を配合と、女子にはうれしいこだわりも◎。携帯に便利な50mLサイズの他に、ファミリーユーズにもぴったりな125mLもありますよ。

虫刺され跡をカバーするおすすめコンシーラー2選

刺されてしまった肌にも負担なくカバーできるコンシーラーをご紹介します。

d プログラム 薬用 スキンケア&カバーチューブ(医薬部外品)

ニキビ跡などの気になる部分をやさしく簡単にカバーできる薬用コンシーラーです。ピンポイントで気になる部分にのせ指先でトントンするだけで、色ムラをしっかりケア&カバー。低刺激設計なので、虫刺され跡で色悩みが気になる肌にも負担をかけずにご使用できます。

パーフェクトカバー ファンデーション MV オークル10

通常のファンデーションではカバーしにくい青み・赤み・茶色みや、濃いシミ、くすみ・くま、肌の凹凸(ニキビ跡・傷あと・やけどあとなど)まで自然にカバー。汗・水に強いウォータープルーフ効果で、夏場のボディにも最適です。

刺されてしまったらケアをきちんと行い、今年の夏こそ虫刺され跡が気にならないつる肌をキープしましょう♪

お話を伺ったのは...
東松原皮フ科 院長 水野惇子先生
皮膚科専門医。日々の診療で皆様と一緒に健やかな皮膚を取り戻す喜びを共有できたら、それが東松原皮フ科の大きな力となって参ります。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報