美容の情報

2018/02/27

2分でOK!「首のシワ」&「あごのたるみ」解消法を人気トレーナーが伝授

2分でOK!「首のシワ」&「あごのたるみ」解消法を人気トレーナーが伝授

首のシワやあご周りのたるみは、見た目年齢を引き上げてしまう大きな要因。冬の間はタートルネックやマフラーなどで隠すことができるけれど、問題は薄着になる季節! そこで今回は、気になる首のシワ&あご周りのたるみを解消する簡単ストレッチを、モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一さんに教えてもらいました。

首のシワ&あごのたるみは、姿勢筋の低下が原因

30歳を越える頃から、姿勢を伸ばしたり関節を伸ばしたりする筋肉が急激に減少するため、肩甲骨を下げたり、骨盤を立てたりする機能が低下します。すると、肩甲骨が上に引き上げられ、肩全体がすくんで猫背姿勢が定着。最終的に、首やあご周りに脂肪がつき、シワやたるみにつながってしまうのです。これを解消するためには、肩や肩甲骨を下げる姿勢筋を使うことが重要。それではさっそく、姿勢筋を目覚めさせるストレッチにチャレンジしましょう!

首のシワ&あごのたるみに効く簡単ストレッチ

1. あぐらの姿勢で座り、両手のひらを身体の後ろで組みます。

2. 真下に向かって腕をピンと伸ばし6秒キープ。さらに、腕を伸ばしたまま左右に5cmくらいずつ小刻みに10回ほど腕を振ります。1~2を10回繰り返しましょう。

あぐらをかいて腕を後ろで伸ばすことで、肩甲骨や肩を下げる姿勢筋が働きます。さらに、腕を左右に軽く振ることで、縮こまった姿勢が改善されていきますよ。首のシワ、あごのたるみが気になる人は、ぜひ実践してみてくださいね。

お話を伺ったのは...
佐久間健一さん
ボディメイクトレーナー。ボディメイクスタジオ「CharmBody」代表。パーソナルトレーニングによるダイエット指導や芸能事務所と提携しタレントやモデルなどのボディメイク指導を行う。2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ、元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー、2016ミスインターナショナル世界大会公式パーソナ―と世界3大ミスコンテストの日本代表の指導も担当。モデルを中心に年間4000件以上のボディメイク実績を持つ。 公式HP著書一覧

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報