美容の情報

2018/02/26

【ずぼら美肌レシピ】ビタミンたっぷり「鶏レバーの親子丼」で乾燥対策!

【ずぼら美肌レシピ】ビタミンたっぷり「鶏レバーの親子丼」で乾燥対策!

食は毎日のことだから、ちょっとしたアイデアやコツで、肌や身体にうれしい変化が♪ 美しくおいしい情報を求めて、イラストレーター、フードコーディネーター、モデルとして活躍している小鳥遊しほさんに「簡単・可愛い・ヘルシー」なレシピを教わってきました!

まだまだ寒く、空気も乾燥するこの季節。女子力ダウンのカサカサ肌さんになっていませんか?  スキンケアでしっかり保湿を心がけるのはもちろん、食事で内側から乾燥ケアをすることもお忘れなく〜!

乾燥対策に効果のある栄養素はセラミド、D-アミノ酸、ビタミンA・Bなどなど。「肌にはとにかくビタミンC!」という思い込みがあったけど、実はこんなに色々あるんです。「はて、一体何を食べればいいのやら...!?」と戸惑うあなたに、乾燥肌対策におすすめのレシピをご提案します♪

肌を正常な状態に保ってくれる「ビタミンA」たっぷりの鶏レバー、コラーゲンをつくる原料となる「アミノ酸」や「ビタミンA・B・E」などを含む卵、コラーゲンの産生を促進してくれる「D-アミノ酸」を摂れるトマト、そして歯ごたえで満足感もアップしてくれるきのこも入れた栄養もりもりの簡単美肌丼で、冬の乾燥を乗り切りましょう!

乾燥肌対策に♪ ビタミンたっぷり鶏レバーの親子丼

<材料>

<つくり方>

1. 鶏レバーは1口大に切って水洗い(血抜き)し、トマトはくし形に、きのこは石づきを落とし食べやすいサイズに、長ネギは薄切りにする。
2. フライパンを中火にかけてごま油を熱し、1を炒める。
3. 全体がしんなりしたらめんつゆを加え、2〜3分煮込む。
4. 溶き卵を回し入れ、弱火で1〜2分煮込み、半熟のうちにご飯の上にのせる。お好みで青ネギや海苔をのせたら完成!

皮むきが面倒な玉ねぎはネギで代用。醤油に酒に...と調味料を合わせるのが面倒な時はめんつゆを駆使! ずぼらな私のマイルールです!笑
コンビニ弁当や菓子パンばかりで栄養が偏りがちなずぼらさんも、簡単調理で食生活改善! ぷるぷる美肌を目指しましょう♪

美容の情報ページでは「かさつき」が気になる、肌荒れ・乾燥肌のための情報も紹介しています。プロの美容テクニック集も参考にしてみてくださいね!

お話を伺ったのは...
小鳥遊しほさん
イラストレーター、フードコーディネーター、モデルとして活躍。美容師免許・調理師免許・ダイエット検定1級をもつ。雑誌やネットコラムの連載、LINEスタンプをはじめ、アパレルブランドとのコラボやトークイベントの出演など幅広く活動。著書「くまっているのはボクなのに。一問一頭」(KADOKAWA/中経出版)が好評発売中。Twitter:@SHIHOtakanashi Instagram:@shihotakanashi

illustration&photo:小鳥遊しほ

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報