美容の情報

2018/12/17

「3方向から攻める」が大事!効果MAXの腹筋法でぽっこりお腹を永久追放

「3方向から攻める」が大事!効果MAXの腹筋法でぽっこりお腹を永久追放

忘年会や飲み会続きで、お腹に脂肪がついてしまった...という人も多いはず。ぽっこりお腹解消には、やはり腹筋運動が一番! 腹筋は少々辛いですが、実はその分大きなメリットがあるんです。そこで今回は、腹筋がもたらしてくれるメリットと、ぽっこりお腹解消に効果的な腹筋法をYOGA&エクササイズディレクターの森和世さんに教えてもらいました。

腹筋にはメリットがたくさん!

筋の入った腹筋や女性らしいくびれのあるお腹をつくるには、絶対に腹筋運動が必要。例えば食事制限などでお腹を薄くすることもできますが、筋肉がないお腹はぽちゃぽちゃした感じになったり、お腹を丸めたときにボトムスにゆるんだお肉が乗ってしまったりして、決して「かっこいいお腹」にはならないんです。
また、腹筋をして筋肉を育てると、少々食べ過ぎてもぽっこりしないお腹をつくることが可能。なぜなら、腹筋がベルトの役割を果たしてくれるため、筋肉の内側にある内臓が食べ過ぎなどにより多少膨らんでも、筋肉がその膨らみをセーブしてくれるから。
さらに、お腹はやった分だけ効果がはっきり出る部位。美腹を目指すには避けて通れない道なので、苦手意識を持たずに腹筋に取り組んでみましょう!

3つの腹筋で、くびれ&割れたお腹をゲット!

お腹周りをきれいに引き締めるには、お腹を「3方向」から攻めるのが効果的。「3方向」とは、いわゆるシックスパックと言われる割れたお腹をつくる「縦の筋肉(腹直筋)」、「くびれをつくる斜めの筋肉(腹斜筋)」、「お腹に筋肉のベルトをつくる横の筋肉(腹横筋)」。この3点を刺激することで、誰でも理想のお腹に仕上がりますよ。

割れたお腹をつくる腹筋法

割れたお腹をつくる腹筋法

1. 床に仰向けになり、両ひざを立てます。両手を頭の下で組み、吐く息とともにお腹を腰に引き寄せドローイング。
2. 吐く息とともに両ひじを太もも方向に押し出し、手のひらと頭で押し合い、お腹の真ん中をギューッと縮めます。目線はおへそのあたりに向け、首をゆるやかに伸ばしましょう。

反動を使わず、ゆっくり行うことを心がけて。また首を痛めないよう、頭から起き上がらず、下腹から起き上がるイメージで行ってくださいね。

くびれをつくる腹筋法

くびれをつくる腹筋法

3. 2の状態から、左手を右太もも横に出します。左手は、肩甲骨から左指先を前に押し出すイメージで、右手は、肩甲骨から右ひじを前に押し出すイメージで、肋骨から骨盤にかけての筋肉(腹斜筋)をギューッと刺激。目線は斜め前に下ろしましょう。左手を頭の後ろに戻し、反対側も同様に行います。

首や肩に力が入り過ぎないよう、肩甲骨から前に出すイメージで、伸ばした指先を前に押し出すように行うのが効果的です。

筋肉のベルトをつくる腹筋法

筋肉のベルトをつくる腹筋法

4. 3の状態から上半身を床にゆっくり戻し、一旦ドローイングします。その後、両足を床から離します。かかとやひざをぴったりくっつけ、ひざが90度になるよう意識しましょう。

筋肉のベルトをつくる腹筋法

5. そのままゆっくり両ひざを右床ギリギリに下ろします。このとき、かかとがお尻に近づかないように、ひざを90度に曲げたままキープ。息を吸いながら両ひざを正面に戻し、今度は左床ギリギリまで下ろします。目線は、首の後ろがゆるやかに伸びるところをキープしましょう。

反動を使わず、ゆっくり繰り返します。揃えた両かかとやひざが離れないように注意。

この3種類の腹筋を1セットとし、6回を目安に行うのが効果的です。

腹筋運動は辛いですが、一度筋肉をつくってしまえば、少々食べ過ぎてもぽっこりお腹になりにくく、さらに腹筋を鍛えることは体幹を鍛えることにもなるため、姿勢もよくなり、見た目にも痩せて見えてハツラツとした印象になるなど、さまざまなメリットがあります。ぜひ頑張って、チャレンジしてみてくださいね!

お話を伺ったのは...
森和世さん
YOGA&エクササイズディレクター/株式会社ボディクエスト。ボディクエストでは自らが企画制作する、誰でも簡単・効果的に実践できるワークアウトコンテンツを多数提供。スタジオやスポーツクラブなどでYOGAインストラクターとしても活躍。さらに、より一人ひとりの潜在能力を引き出すカウンセリング方式の少人数制パーソナルYOGA「YogaQuest」も主宰。 明るく丁寧な指導や、ココロとカラダの一体感を重視する真摯な姿勢で高い評価を得る。 ブログFacebook

photo:shutterstock(メイン画像)
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報