美容の情報

2019/03/11

【花粉時期の肌荒れ対策】マスクだけでは不十分!肌を徹底的に守る方法って?

【花粉時期の肌荒れ対策】マスクだけでは不十分!肌を徹底的に守る方法って?

花粉時期に目のかゆみや鼻詰まりだけでなく、肌が荒れてしまうという人も少なくないですよね。花粉による肌荒れを防ぐためには、化粧水などのスキンケアアイテムでしっかり保湿をするということも必要ですが、まずは花粉が肌に直接触れないようにするということが重要なんです。今回は、花粉から肌を徹底的にガードする方法を資生堂広報部の吉村さんに伺いました。

花粉による肌荒れの特徴って?

花粉によって引き起こされる肌トラブルは、赤みやかゆみとなって現れることが多いのが特徴。特に、花粉によってバリア機能が低下して敏感になっている状態では、皮ふが薄い目周りに症状が出やすい傾向にあります。また、顔だけでなく、マスクで覆えないようなあごから首にかけて症状が出ることも。

花粉による肌荒れ対策のポイントって?

花粉による肌荒れは、花粉が肌に直接触れることにより起きるので、まずはしっかりガードするということが大切です。いくらスキンケアに気を使っても、花粉が肌に触れる度に肌荒れを繰り返してしまいます。また、付着してしまった花粉は長時間放置せず、帰宅後にすみやかに洗顔をして落とすことも重要。肌に花粉を触れさせない、長時間放置しないという2点をしっかり覚えておきましょう。

花粉から肌を徹底的にブロックできるアイテム

花粉から肌を徹底的にガードするためには、マスクやメガネだけでは不十分。覆いきれない部分から、花粉は入り込んでしまうものなんです。万全の対策をとるなら、肌にぴったり密着して花粉をブロックするクリームやスプレーなどとの併用がおすすめです。

髪の毛の花粉もブロック♪ 「イハダ アレルスクリーン EX 100g

資生堂独自の特許技術を採用しているスプレータイプの花粉防御剤。花粉の吸着を徹底的にガードします。髪の毛についた花粉が肌に触れてしまうこともあるので、髪の毛にも使えるのはうれしいところ。こちらもメイクの上から使えるので、外出前に顔周辺&頭部にシューっと吹きかけましょう。

花粉シーズンに重宝するベースメイク! 「d プログラム アレルバリア エッセンス BB

アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉・ちり・ほこりなど気になる微粒子から肌を守ります。ファンデーションのノリをよくする化粧下地効果だけでなく、BB効果で赤みやくすみも自然にカバー。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方も、花粉時期の敏感肌にはうれしいポイント。

メイクの仕上げにシュッとひと吹き♪ 「d プログラム アレルバリア ミスト

こちらもアレルバリアテクノロジー搭載。化粧水とオイルの2層タイプのミスト状化粧水で、花粉時期の乾燥しやすい敏感な肌をケア。さらに、皮脂崩れ防止成分配合で、メイク崩れから防いでキレイを守ります。

花粉をキレイに取り除く! 正しい洗顔方法

花粉時期の洗顔は、帰宅後すぐ、念入りに行いましょう。肌荒れ対策のためだけでなく、目や鼻の周りについた花粉を洗い流すことは、鼻炎などの花粉症状の悪化を防ぐことにもつながります。正しい洗顔の4STEPをご紹介!

ポイントは4つ! 正しい洗顔方法

【POINT1】手を洗い、顔をぬらして汚れを落とす
汚れや花粉が付着している手を清潔にしてから、洗顔にとりかかります。まずは、ぬるま湯で顔全体をまんべんなく濡らし、表面についた汚れをざっと素洗いしましょう。

【POINT2】たっぷりしっかり泡立てて、濃密泡をつくる
規定の量の洗顔料やせっけんなどを手にとり、少量の水かぬるま湯を数回に分けて加えながら、逆さにしても落ちないくらいの濃密なしっかりした泡を立てます。泡タイプの洗顔料を使うのも便利です。

【POINT3】泡を転がすようにやさしく洗う
たっぷりの泡を肌の上で転がすようなイメージで顔全体をやさしく洗います。額や鼻など脂っぽい部分は指の腹を使って丁寧に。花粉時期は肌が敏感になっているので、ゴシゴシとこするのは禁物です。

【POINT4】すすぎは1分! 長過ぎるくらいでヨシ!
すすぎは、ぬるま湯の流水で約1分間を目安に丁寧に洗います。「そろそろいいかな」と思ってから、さらにプラスしてすすぐよう心がけてください。十分にすすいだら、タオルで顔をおさえるようにやさしく水分を拭き取ります。

おすすめ洗顔アイテム①「d プログラム コンディショニングウォッシュ

肌のうるおいを守りながら、花粉やホコリなどの汚れを弾力泡でしっかり落とします。敏感な時期の肌にうれしい低刺激設計♪

おすすめ洗顔アイテム②「d プログラム コンディショニングソープ

固形タイプも♪ こちらは身体にも使用できます。

花粉時期は、花粉から肌を徹底ガードするだけでなく、スキンケアによる入念な肌荒れ対策でしっかりキレイも守り抜きましょう!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報