美容の情報

2016/01/08

NEXTおフェロ。立体感&小顔印象の「ハンサムチーク」にチャレンジ!

NEXTおフェロ。立体感&小顔印象の「ハンサムチーク」にチャレンジ!

大ブームを巻き起こした、目の下ギリギリに入れる「おフェロチーク」。ほわんと可愛いイメージからカッコいい印象にシフトしたいなら、ほお骨に沿って入れる「ハンサムチーク」がイチオシです。このチークのポイントは、立体感が演出できて顔全体がキュッと引きしまった美人顔に見えること。それでは「ハンサムチーク」の入れ方を、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんに伝授してもらいましょう♪

ハンサムチークの入れ方

骨格を意識して、ほお骨下に幅広くチークを入れます。自然な陰影感が出てハンサムな仕上がりに。チークは、赤味をおさえたヌーディーまたはコーラル系など、落ち着いた色味がベスト。血色感が足りない時にはオレンジ系をプラスしても◎。その日の服装や、目元、口元のメイクに合わせて選んでみて。

口元や目元がポイントのメーキャップにも相性抜群。ヌーディーな色みでつくった抜け感が、絶妙なハンサム美人映えさせてくれること間違いなし! 主張しすぎないけれど、立体感を活かした「ハンサムチーク」で、最旬フェイスを先取りしましょう!

photo: 鈴木花美 model:忍舞

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

2003年資生堂入社。HAKUの木村文乃さん、インテグレートの森星さんなど資生堂の広告・CMでメイクを担当。ほどよくトレンドを落とし込んだフレッシュなメイクアップ提案に定評がある。2児の母でもあり、ビューティーでママを応援するプロジェクトのリーダー。LINEアカウント「らしく for mommy」(LINEID:@rashiku)で美容情報配信中。LINE@のお友達登録はこちら
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

話題のキーワード

あなたに役立つ美容情報