美容の情報

2015/02/02

冬のメイク直しは保湿が命!粉ふき&カサカサ...乾燥時のプロのテクニックとは?

冬のメイク直しは保湿が命!粉ふき&カサカサ...乾燥時のプロのテクニックとは?

空気が乾燥するこの時期は、「夕方になると、肌がカサカサ...」「目元のメイクが崩れちゃった!」なんてお悩みの人も多いのでは? でも、肌の乾燥対策って、室内や屋外、1日を過ごす環境や仕事のスタイルによって全然違うのだとか! そこで今回は、資生堂ビューティースペシャリストの六角由紀子さんに、仕事スタイル別の乾燥対策と、肌が乾燥した時のメイク崩れレスキューテクを伺いました。

外出が多い人は...マスクの活用で、顔を冷やさない工夫を!

外出が多い人は、冷たい外気に触れることが増えるので、代謝も悪くなりがち。カイロなどを使った温め対策はもちろんですが、顔を冷たい外気から防ぐためにもマスクをして、保護するのがおすすめ。また、目元は隠せないので、朝のメイクの段階で、アイクリームを使ったり、化粧下地やファンデーションをしっとりタイプのものに切り替えることも大切です。

デスクワークの方は...ファンデーションの見直しと、夜のスキンケアを入念に!

室内で仕事をしている方は、1日中暖房を浴びていることになるので、化粧下地やしっとりとしたファンデーションを! ファンデーションの上から吹きかけられ、簡単にうるおいを補給することができるミストをデスクに常備するのもおすすめです。さらに、夜のお手入れでメイクを落とした後に、肌の保湿をしっかりして乾いた肌の対策を! 特に乾燥しやすい目元には、目元専用のクリームなどで集中ケアを。目元が柔らかく、モチモチとふっくらした感じになります。

メイク直しは、ミストを使って保湿してから!

乾燥が気になる季節には、あぶらとり紙であぶらをとった後、ミスト状の化粧水で肌を保湿することがポイント! 一度シュッとするだけでなく、顔全体に4回ほど吹きかけると肌に行き渡りますよ。ミストの後は、水分を手で押し込むように肌の状態を確認。うるおいが足りないな、と思ったらもう1回くり返してみて。さらに乾燥する時のメイク直しは、目の下やほうれい線などのシワの溝にそって、よれてしまったファンデーションを綿棒でなぞるように優しくぬぐいます。その上から美容液を指先でおさえるように優しくなじませるのも◎。うるおいを与えるメイク直しを心掛けてくださいね。

乾燥対策と、乾燥した時のメイク直しをマスターして、冬でもうるっと美肌をめざしましょう♪

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったらシェアしよう
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は
これも読んでいます

記事を探す

悩みから探す
商品カテゴリーから探す

あなたに役立つ美容情報