美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

シミ・そばかす対策に!おすすめレシピ

シミ・そばかす対策におすすめの栄養素・成分

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • アスタキサンチン
  • リコピン

シミ・そばかす対策におすすめの食材

オススメの食材リスト

シミ・そばかすに悩む人へのインナーケアアドバイス

POINT 1

ビタミンCサプリは、おでかけの1~2時間前に!

シミ・そばかすの予防と回復には、野菜、フルーツ、いも類に多く含まれるビタミンCが欠かせません。ビタミンCは、摂取してから1~2時間後に血中濃度がピークになり、時間の経過と共に下がります。つまり、毎食ビタミンCを摂ることで、血中濃度をある程度保つことができます。ビタミンCのサプリメントを摂る時も、タイミングが大切。紫外線の強い時間帯におでかけ予定がある場合、その1~2時間前を目安に摂ると効果的です。

POINT 2

ミネストローネやカプレーゼでも、メラニン予防

肌にとっての大敵、活性酸素。紫外線を浴びることで発生し、メラニンをつくる引き金に。その手前で活性酸素をすぐ消去してくれるのが、抗酸化成分。優秀な抗酸化成分、アスタキサンチンは、鮭やイクラ、マスなどに含まれています。緑黄色野菜に多いβ‐カロテンや、トマト、スイカ、柿に含まれるリコピンも抗酸化成分です。リコピンは脂溶性なので、トマトを食べる時には、オリーブオイルやマヨネーズをかけると、より効果的に吸収されます。油を使うミネストローネやカプレーゼなどもおすすめ。

POINT 3

できてしまったメラニンに、お手軽みかん作戦

すでにできてしまったメラニンは、スムーズに排出しましょう。肌のターンオーバーを整えるビタミンAが味方になります。豊富に含まれているのは、うなぎやレバー。でも、うなぎを頻繁に食べることは難しいですよね。レバーも調理は苦手…という方も多いかもしれません。デパ地下の焼鳥屋さんなどで手軽にゲットして、夕食に1品プラスしましょう。また、緑黄色野菜やかんきつ類に含まれる栄養素も、必要に応じて、体内でビタミンAに変換されますよ。ブロッコリーやにんじんなどのつけ合わせも残さず食べる。お弁当のデザートとして、みかんをプラスする。または、お気に入りの100%のみかんジュースを常備しておく。そんな工夫で、メラニンを追い出してしまいましょう。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 肌に効くお料理レシピ > シミ・そばかすが気になるあなたへ