美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2019/08/30

七五三、お宮参り...etc.記念撮影する時に心がけたい写真映えメイクのコツって?

七五三、お宮参り...etc.記念撮影する時に心がけたい写真映えメイクのコツって?

子どもが生まれるとお宮参りや七五三など、スタジオで記念撮影をする機会が多くなりますよね。実はスタジオで撮影する際、普段のメイクのままだと写りが良くないって知っていましたか? せっかくの記念写真だから、キレイに写りたいのが本音! そこで、自身もママであるヘアメイクアップアーティストの廣瀬友理子さんに、スタジオ撮影向けのワンポイントテクニックを教えてもらいました。

普段メイクに重ね塗りでメリハリを! スタジオで撮影する際のメイクポイント

スタジオで撮影する際は、撮影用のライトを使用するのが一般的。ライトの強い光に照らされると色が飛んでしまい、いつものナチュラルメイクだとまるでノーメイクのような雰囲気になってしまいます。また、ライトが顔に反射して肌がテカって見える可能性も...。すっぴん&皮脂テカ風の写りにならないためには、次のポイントを意識してメイクすることが大切ですよ!

普段メイクに重ね塗りでメリハリ感を! スタジオで撮影する際のメイクポイント

<ベースメイク>テカリを抑えて美肌に!

テカリ肌を阻止するためにも、ベースメイクはハーフマットに仕上げるのが◎。あぶら取り紙やティッシュなどで皮脂を抑えた後、フェイスパウダーをTゾーン・小鼻・額の生え際にふわっと馴染ませましょう。

<アイメイク>簡単2度塗りで目力を!

眉は、いつもより少しだけ太め&濃いめを意識して。アイライナーは2度塗りしてくっきりとさせるのがコツ。アイラインをしっかり引くことで、メリハリ感が生まれライトの下でも目力を引き出すことができますよ。

<チーク&リップ>色選びが重要!

ライトが当たっても色みが飛びにくい赤系のチークとリップがおすすめ。普段より少しだけ濃く入れるのがポイント。ピンクやベージュ系は、しっかり塗っても色が薄く見えることも。撮影の時は色選びも重要ですよ!

使用したおすすめアイテムはこちら!

使用したおすすめアイテムはこちら!

(左)「マジョリカ マジョルカ ラインマニア BK999
長時間にじみにくいウォータープルーフタイプのジェルライナー。芯は1.8mmと細いので、しっかりアイラインを引いてもわざとらしく見えず、大人のアイメイクにも◎。

(中)「SHISEIDO ヴィジョナリー ジェルリップスティック 203
ほんのりツヤのあるクリアな発色で、ひと塗りで美しさが続きます。ほどよく落ち着きのある赤みカラーの203は、この秋のトレンドを盛り込んだ1本です。

(右)「マキアージュ チークカラー (クリア) RD444
粉っぽさがなく、しっとりとけこむ透け感発色なので、自然な赤みを演出してくれます。乾燥しがちな肌にもなめらかにフィットし、美しい仕上がりを長時間キープ。

「いつもよりしっかり塗り、メリハリ感を出す」というメイクポイントを意識して、ステキな家族写真を残してくださいね。

ワンピース/ポルテデブトン、ピアス/サンポークリエイト
【問い合わせ先】
ポルテデブトン:03-6277-2973、サンポークリエイト:082-248-6226

photo:輿石真由美(MILD) stylist:玄長なおこ model:鈴木サチ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
廣瀬友理子

廣瀬友理子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

サロンワークを経て、国内ファッションショーや雑誌・テレビ撮影などのヘアメイクを中心に活動。資生堂「マキアージュ」の商品開発・ソフト情報の作成にも携わる。
http://hma.shiseidogroup.jp/hirose/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 七五三、お宮参り...etc.記念撮影する時に心がけたい写真映えメイクのコツって?