美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/06/08

顔だけコンサバになってない?Tシャツに似合うカジュアルメイクのやり方

顔だけコンサバになってない?Tシャツに似合うカジュアルメイクのやり方

Tシャツ×デニムなど、大人カジュアルなファッションが最近のトレンド。今っぽいTシャツをGETして着てみたけれど、なんだか似合っていない気がしてしっくりこない...ということはありませんか? それ、"顔だけコンサバ"になっているせいかも。そこで今回はカジュアルな服に似合うメイクを資生堂ヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんに教えてもらいました。

脱コンサバ! カジュアル服に似合うメイクって?

いつもしっかりメイクの人が普段のメイクのままカジュアルな服を着ると、顔と服の印象がチグハグになってしまうことも。カジュアルな服を着るときにはメイクもカジュアルダウンさせることが大切です。

<カジュアルメイクのポイント>
ベースメイク...カジュアルメイクをする時に、気合の入れすぎはNG。コンシーラーとパウダーでミニマムに仕上げて、素肌感を演出しましょう。
ポイントメイク...肌なじみのよいカラーと質感を選んで。シアーな発色のアイテムで、ナチュラルな血色感をプラスすると◎。

プロが教える! カジュアルメイクHOW TO

それではさっそく、カジュアルメイクの方法をレクチャー♪ おすすめアイテムもあわせてチェック!

ベースメイク+チーク

ベースメイク+チーク

<ベースメイク>
ベースメイクは厚塗り厳禁! コンシーラーでニキビ痕や赤みなど気になる部分をカバーしたら、ルースパウダーで仕上げて、素肌感のある肌を目指しましょう。肌のくすみや色ムラが気になるようなら、薄づきのファンデーションもあわせて使うと◎。またハイライトを使うと「メイク感」が強調されるので、カジュアル服の時は使用を控えるのがベターです。

<チーク>
チークは色選びが重要です。ヘルシーに見えるようなオレンジやコーラルをチョイスして♪ ほお全体にブラシでふんわりなじませて、血色感を演出しましょう。

使用アイテムはコレ!
自然な仕上がりなのに、カバー力抜群のコンシーラー

クマやくすみをナチュラルにカバーし、パッと表情を明るく見せてくれるリキッドコンシーラー。ヨレにくく、つけたての仕上がりが持続します♪

キメを整えて、ワンランク上の素肌感を演出するルースパウダー

しっとりとした微細なパウダーが、肌にしっかりフィット。肌に透明感とツヤを与え、キメの整った印象に。

肌に溶け込み、自然な血色感をプラスするチーク

ムースのようなテクスチャーでふんわり肌になじみ、内側からにじむような血色感を演出します。03はヘルシーな印象のオレンジで、カジュアルな服にぴったり♪

肌の色ムラが気になる人におすすめ♪ 薄づきファンデーション

1日の中での肌状態の変化に合わせて、いつでもキレイをキープしてくれるリキッドファンデーション。美容液のようになめらかになじみ、ほどよいツヤを与えてくれます。

目元

目元

<アイシャドウ>
アイシャドウは明るいブラウンやオレンジを選んでヘルシーに。アイホール全体に明るいアイシャドウを塗ったら、目のキワに濃いブラウンをのせて引き締めます。グラデーションに塗るとつくりこみ感が出てしまうので、あえてぼかさずにナチュラルに仕上げるのがポイントです。

<アイライン&マスカラ>
アイラインはまつ毛のキワに引きます。アイシャドウとアイラインが控えめな分、マスカラは根元からしっかり塗ってメリハリをつけましょう。

<アイブロウ>
眉毛はペンシルでしっかり描くとコンサバな印象になりやすいので気をつけましょう。アイブロウパウダーだけでふんわりソフトに仕上げるのがおすすめです。

使用アイテムはコレ!
自然な立体感を演出するアイシャドウパレット

肌なじみのよいブラウン系の使いやすいアイシャドウパレット。今回は左下の明るいブラウンをアイホールに、右下の濃いブラウンを締め色に使用。

極細ラインも簡単に引けるアイライナー

リキッドのような濃厚発色で印象的な目元に。汗や水によるにじみや崩れに強いロングウェア処方なのも嬉しいポイントです♪

リップ

リップ

唇の輪郭をしっかりふちどってしまうと、コンサバな雰囲気になりカジュアルなファッションとはミスマッチな印象に...。口紅を塗ったら、指で輪郭をなぞるようにぼかしてラフに仕上げましょう。使用する口紅はシアーな発色で、ほどよくツヤがあるタイプがカジュアル服にマッチして◎。

使用アイテムはコレ!
こなれ感たっぷり♪ ベージュのリップ

ほんのりツヤがあって、クリアな発色のリップスティック。201はほどよい血色感のあるベージュで、カジュアルメイクにおすすめです。

Tシャツやデニムなど、抜け感のあるスタイルになじむカジュアルメイク。ご紹介したテクニックを参考にして、全身でバランスのとれたおしゃれなカジュアルスタイルを目指してみてくださいね♪

[あわせて読みたい記事]

>>ナチュラルメイクの正しいやり方。ベースメイク~ポイントメイクのコツ、おすすめアイテムまで徹底解説!
>>【ブルベ・イエベ別】この春夏おすすめのシアーリップをPICK UP!
>>夏にぴったり「波ネイル」のやり方。トップコートを使った上手なぼかし方を伝授

photo:鈴木花美 model:三村有希

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 顔だけコンサバになってない?Tシャツに似合うカジュアルメイクのやり方