美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2019/03/18

【ハイライトの入れ方】指塗りNG!ムラなくナチュラルに仕上げるポイントはブラシにあり

【ハイライトの入れ方】指塗りNG!ムラなくナチュラルに仕上げるポイントはブラシにあり

ハイライトは、顔に立体感を出して小顔に見せることができたり明るい印象に仕上げたり、メリットがたくさんある便利なアイテム。でもどうやって使えばいいかイマイチわからない...という人もいるのでは? そこで今回は、ハイライトの基本的な入れ方とナチュラルに仕上げるコツをご紹介。教えてくれるのは、ヘアメイクアップアーティストの髙橋礼行さんです。

ハイライトの選び方

ハイライトの色はあまり白すぎると肌から浮いてしまうので、自分の肌色よりワントーン明るいベージュがおすすめ。さらに、繊細なパールが入ったタイプなら、くすみや毛穴を光で飛ばして肌を明るくキレイに見せることも♪ また、ふんわりフォギーな肌を目指すならパウダータイプ、しっとりツヤ肌を目指すならクリームタイプをセレクトしましょう。

ハイライトの入れ方

入れ方のポイントさえ押さえれば、誰でも簡単にハイライトを使いこなすことができるんです♪

ナチュラルに仕上げるコツって?

ポイントはブラシ使い。ブラシは柔らかいタイプを選んで、少しずつ重ねるようにハイライトをのせていくと、ムラなく肌になじんで自然な仕上がりに♪ コシのある硬めのブラシを使うと、ハイライトが濃くのりすぎたり、ムラになってしまったりすることがあるので要注意。クリームタイプのハイライトは指で塗りがちですが、ブラシで塗ることをおすすめします。

ハイライトを入れる位置

ハイライトを入れる位置

「額の中央」「鼻筋」「ほお骨の1番高い部分」「上唇の山」「あご先」といった、顔の高い部分にハイライトをのせましょう。

POINT!

  • 鼻先までハイライトを入れると鼻が大きく縦に間延びしてみえてしまいます。のっぺりと見えがちな鼻根~鼻筋部分に細く入れることでメリハリがでますよ。
  • ハイライトを広く入れすぎると、膨張して顔が大きく見えてしまうので、必要な場所にピンポイントで入れましょう。

おすすめのアイテムはこちら!

肌馴染み◎ 「ローラ メルシエ フェイスイルミネーター 01

白浮きしない、ナチュラルな仕上がり。しっとりなめらかなパウダーが肌に心地よく馴染み、透明感のあるツヤを長時間キープします♪

柔らかい肌触りにこだわり♪ 「MARU FUDE マルチ フェイスブラシ

クリーム、パウダーなど、あらゆるタイプのハイライトに使用できるフェイスブラシ。筆先が柔らかいので、ハイライトをムラなくふんわりのせることができます。さらに、筆先がすぼんでいるので、上唇の山などの小さい部分にも使いやすくおすすめ。

アイテム選びと入れ方のコツさえ押さえれば◎ 基本的な入れ方をマスターして、ハイライトを使いこなしましょう♪

photo:鈴木花美 model:恩田さやか

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
髙橋礼行

髙橋礼行

資生堂アソシエイト トップヘアメイクアップアーティスト

1998年資生堂入社。広告・宣伝撮影のヘアメイク、NYや東京コレクションのバックステージなど多岐にわたり活躍。就活メイク、メンズビューティーなど、「明日から実践できるリアルでわかりやすいビューティー提案」に定評があり、国内外にて多くのセミナーを手掛ける。また、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/takahashi/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【ハイライトの入れ方】指塗りNG!ムラなくナチュラルに仕上げるポイントはブラシにあり