美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/07/17

たるみ、シワ...更年期の肌って?女性ホルモンの役割から更年期症状まで

たるみ、シワ...更年期の肌って?女性ホルモンの役割から更年期症状まで

更年期が女性の肌や心にもたらす影響ってご存知ですか? 昨今「プレ更年期障害」や「若年性更年期」と呼ばれる、早い年代から更年期症状に悩まされているという声も...。そこで、更年期の症状を少しでも緩和させるため毎日の生活習慣でできることなどを、資生堂研究員の合津陽子さんに聞きしました。

「女性ホルモン」ってそもそも何?

女性ホルモンは女性の健康や美容に欠かせないものですが、そもそも女性ホルモンとは何なのでしょうか? まずはおさらいも含めて女性ホルモンの働きについてチェックしましょう。

ホルモンは、ごくわずかな量で体内のさまざまな働きを起こさせる情報伝達物質のひとつです。ホルモンにもいろいろな種類がありますが、女性ホルモンの中で肌と関わりが深いのは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」のふたつ。卵胞ホルモンの分泌が多い時期(排卵前)は、心や肌、身体は落ち着いた状態です。逆に黄体ホルモンの分泌が多い時期(排卵後)は、肌トラブルを起こしたり、気持ちもイライラしがち。このような周期的な変化は、感じ方に個人差はあるものの、多くの女性たちが感じています。

シワやたるみ増加も。更年期が肌に及ぼす影響って?

一般的に50歳前後で閉経を迎え、前後の約10年間を更年期と呼びます。閉経により急激に卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少。それに伴い、身体が不調になったり、心のバランスを崩してしまうことも...。

「もしかして、これって更年期?」と思われる症状は出ていませんか? セルフチェックでご自身の状態を確認してみましょう。

[更年期症状チェック表]

  • 顔がほてり汗をかきやすい
  • 手足がしびれ、感覚が鈍くなる
  • 寝つけず、目を覚ましやすい
  • 興奮しやすく、神経質になった
  • くよくよしたり、憂うつになる
  • めまいや吐き気がする
  • 疲れやすい
  • 肩や腰、手足の節々が痛い
  • 頭が痛い
  • 心臓が動悸する
  • 皮ふをアリがはうような感じがする
    (「クッパーマンの更年期指数」より)

また、更年期は肌にも大きな影響を与えます。閉経により卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少すると、肌のコラーゲンが低下し、肌の弾力やハリが失われがちに。また皮脂量の減少によるつやの低下や、血流の変化による肌のくすみなどもみられます。

さらに、更年期は人生のターニングポイントとも重なることから、これからの人生への不安やストレスなど心理的・社会的要因とも相まって、症状をより強く感じてしまう事もあり、心のケアも大切です。

毎日の生活で取り入れたい♪ 更年期の肌&心と上手につきあう方法

加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうのは避けられないもの。肌や身体、心に変化がある時期だからこそ、ゆったりとリラックスをする、自分を労わる時間をとることは、とても大切。睡眠やバランスの良い食事を心がける、適度な運動をするなどの生活習慣を整えることはもちろん、下記のポイントも取り入れてみて。

1.ハリ悩みなどに対応したスキンケアラインでケア

ハリなどに対応したスキンケアを使用するのも◎。さらに、アイテムだけでなく、時にはフェイスマッサージをケアにプラスすることで、スキンケアをしながら、ゆっくりと自分をいたわる時間を過ごすこともおすすめです。

>>フェイスマッサージはこちらをチェック!

2.ストレスを緩和。香りのいい入浴やスキンケアでリラックス

心のバランスも崩れやすく、気持ちが沈みがちになる更年期。日々の生活を前向きに取り組める明るい気持ちを取り戻すことも大切です。 香りのいい入浴剤やスキンケアコスメを用いて、少し時間をかけてじっくりし、気持ちをときほぐしてくださいね。

年齢とともに変わっていく女性の肌や心。健やかに過ごすためにも、変化に応じた適切なケアを行ってみませんか?

参考文献:資生堂ビューティーソリューション開発センター 著「化粧セラピー 心と身体を元気にする新しいちから」(日経BP社)

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂研究員

資生堂研究員

研究員

資生堂の研究開発は1916年に始まり、品質と安全を最優先に、最新の皮膚科学と処方開発技術に基づいて開発を実現してきた。世界中の化粧品開発者が目標にする研究発表会「IFSCC」では、世界最多の受賞。
http://www.shiseidogroup.jp/rd/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > たるみ、シワ...更年期の肌って?女性ホルモンの役割から更年期症状まで