美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

キレイのためのレシピ

あなたの肌悩みは? 効果的な食の知恵をお伝えします!

  • 肌荒れ・乾燥肌
  • ハリのなさ
  • 毛穴
  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • クマ
  • 大人のニキビ
  • 敏感肌
  • 年齢サインも気になる

身体が喜ぶレシピ

身体の不調、食で改善できることがたくさんありますよ!

  • 冷え
  • 肩こり
  • むくみ
  • 便秘

今月のおすすめ食材

梅と旬の果実イラスト

6月 梅と旬の果実

店頭に、梅の実が並ぶシーズンになりましたね。梅を使って保存食などをつくる「梅しごと」は、この時季ならではのお楽しみ。中でも、梅酒、梅シロップ、梅ジャムなどは、手間がかからず、気軽につくれるのも魅力です。短い旬を逃すことなく、ぜひトライしてみてくださいね。梅には、これからの季節にうれしい疲労回復効果あり! ジャンクフードや肉食で、酸性に偏りがちな身体を中和してくれるアルカリ性食品でもあります。また、夏みかん、あんず、さくらんぼ、びわ、ブルーベリーなどの旬の果実酒づくりもおすすめです。どんな色、味になるのか待つ日々もワクワク。梅雨のおうち時間を盛り上げてくれますよ。

おすすめ食材 毛穴 シミ
そばかす
くすみ クマ ニキビ おすすめポイント
主成分のクエン酸は、整腸作用あり。
疲労回復、血液サラサラ効果も。
あんず フルーツの中でも、カロテン含有量がトップクラス。整腸作用あり。
さくらんぼ 赤や紫の果皮はアントシアニンの色。疲れ目による、クマの予防に。
びわ カロテンたっぷり。クロロゲン酸を含み、生活習慣病予防に◎
えだまめ ビタミンB群をバランスよく含み、ビタミンC、食物繊維たっぷり。
きゅうり スイカ以上のカリウム含有量で、利尿作用あり。95%が水分。
新しょうが 冷えが気になる方は、加熱調理を。ショウガオールで血行促進。
ズッキーニ 抗酸化作用のカロテンとビタミンCで、紫外線に負けない肌へ。
つるむらさき 緑黄色野菜の中でもカロテン含有量トップクラス。ビタミンC豊富。
トマト 紫外線から肌を強力ガード。β-カロテン、リコピンのチカラ。
パプリカ ビタミンCとβ-カロテンたっぷり。料理に、赤や黄でアクセント。
ピーマン 血液サラサラ効果。縦に切るとシャキシャキとした食感に。
みょうが 香り成分αピネンは、食欲増進&消化を助ける効果あり。
らっきょう 疲労回復の定番! 水溶性の食物繊維たっぷりで、整腸作用も。
空芯菜 ほうれんそうと、ほぼ同じ栄養価。アクがなく、下準備なく調理OK!
とうもろこし 各種アミノ酸による疲労回復や健脳効果。不溶性食物繊維たっぷり。
穴子 ビタミンAが、肌の生まれ変わりを整えます。DHA・EPAも豊富。
あゆ ビタミンB群を多く含む内臓も一緒に食べるのがオススメ。
かじきまぐろ
(めかじき)
まぐろとは別の魚。カリウムが多く、むくみや高血圧の予防に。
あじ 皮脂を抑制するビタミンB6たっぷり。DHA・EPAで血液サラサラに。
かます むくみや高血圧が気になる方の味方、カリウムがたっぷり。
かわはぎ
きす
すずき ビタミンB2・B6の働きで、過剰な皮脂の抑制とニキビ予防。
太刀魚 良質なオレイン酸やDHAなどを含む白身魚。肌のうるおいに◎

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 肌に効くお料理レシピ